【相棒シーズン18】第6話「右京さんの目」色々と雑な感想【山崎一 佐藤寛子 山本道子】 #aibou #相棒18

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

第6話「右京の目」

あらすじ

テレビ朝日,「相棒 season18」より引用

犯人の罠に落ちた右京が失明!?

殺人事件との奇妙な符合とは

スポンサードリンク

右京(水谷豊)は、清掃員として働く顔馴染みの和江(山本道子)に頼まれ、亘(反町隆史)と共に古いアパートの一室を訪れる。

空室のはずなのに不審な物音がするので、中を調べてほしいという。

すると、部屋には訪問者を陥れる罠が仕掛けられており、和江をかばった右京は、目に大怪我を負ってしまう。

その場に居合わせた区役所のケースワーカー・友里(佐藤寛子)の助けを借り、病院に運び込まれた右京。

視力が戻るまで時間を要するとの診断を受けるが、翌日には特命係に姿を見せる。

そんな中、あるマンションの建設予定地で男性の遺体が発見される。

被害者は、不動産会社の営業。右京は、罠が仕掛けられていた古アパートも、遺体発見現場も同社が関連していることに気づき、疑惑を抱く。

一方、右京の怪我に責任を感じた和江は、勤め先の上司・真山(山崎一)をともない改めて謝罪。その際、逃げ去る人物の妙な足音を聞いたという新証言をもたらすが…!?

やがて繋がっていく不可解な罠と殺人事件

背景には想像を超える現代の落とし穴が…!?

視力を奪われた右京の名推理が冴える!

ゲスト:山崎一 佐藤寛子 山本道子

放送前のあれこれ

今回はどうやら視力を奪われた右京さんが推理をするという展開になるようですが、

右京さんに関してはスーパーマン化がかなり進んでおり、

視力を失った状態でも高い推理力でカバーする、というのは想像に難くありません。

推理をするための情報を、

相棒である冠城くんやツンデレ捜査一課の面々から得ていくという流れになるのでしょう。

さらに気になるのは花の里の女将は一体誰になるのか問題。

第6話になりますがまだ候補となる人物は現れておらず、

個人的に「この際青木くんを女将にしてみては」というアイデアが浮かんだことはここに明記しておきます。

青木くんの居場所はサイバーセキュリティでもなければ特命係でもない、花の里やったんや!

はい。今回はお酒を飲んでいるわけでもありませんが見逃してください。

放送中・放送後の感想

以前家政婦として登場していた和江さんが再登場。

マンションの空き室から「なにやら物音が聞こえてくる」と不審がる和江さん、

踏み込む特命係。

「メロン」と書かれた箱に興味津々に飛びかかる和江さん、とっさにかばう右京さん。

箱の中から噴き出たスプレーを思いっきり目に喰らう右京さん。

ここでまず爆笑しました。直撃にも程があるでしょう。

その後「メロンなら誰でも開けたくなります」という謎のフォローを添える右京さん。

ここでさらに笑いました。

まあメロンなら仕方ありませんね。なにせメロンですから。

しかしその代償に視力を失った右京さん。

そこにケースワーカーの友里さんという人物が現れます。

友里さんがはやくも怪しいですが、

目の見えない右京さんは友里さんに介抱してもらいながら一緒に病院へ行くことに。

一方で下のフロアのお爺さんに聞き込みをする冠城亘、

時間を置いて病院で合流する特命係。

角膜障害を起こしているようで1週間程度は目が見えない状態が続く、とのこと。

そこに声をかける女の子が。

「私も目が見えないの」と話す女の子の名は片倉りな。

手術を受けるとのことです。

りなちゃん自身は事件とは直接の関係がないものの、その行動から何かしらのヒントを得るパターンでしょうか。

車に戻り事件についての情報共有を図る特命係。

ベランダの鍵が空いていたことを確認します。

また408号室の野川猛という人物に話を聞いたところ、その際部屋が真っ暗になっており、大量の液晶が輝いていたとのこと。

まあ私もテンションが落ち込んでる時なんかは暗い部屋で大量のタブレットに囲まれてとりあえず音楽を再生してることもあるので、

きっとこの野川という男もそういうセンチな状態だったのでしょう。

目の見えないまま出勤する右京さん、ここで青木くんが登場。

催涙スプレーの分析結果を届けにきたようで、

見えない右京さんにわざわざ見せようとしてくるあたり、相変わらず青木くんって感じですね。

優しくいたわろうとする姿が想像できないあたり、青木くんの作り上げてきたイメージは凄まじいものがあります。

「忙しいんで」と戻ろうとする青木くんに「事件かな」と聞く冠城亘。

動画サイトに挙げられた「死体発見」動画について捜査を進めているようで…

その捜査現場に向かう特命係。



スポンサードリンク

捜査一課と益子さんから情報収集を始める右京さん。

アクリルニトリルを嗅がされて絞殺されたと推理をします。

さらに右京さんが視力を失った建物も、この現場もマンションテイトーハウジング品田支店が管理しているため、

品田支店に話を聞く一同。

被害者の森田という人物についての聞き込みを行います。

一方警視庁にて、視力を補おうとスマホの「バディ(Siriのようなもの)」を使おうとするもイマイチ噛み合わない右京さん。

文章が細かく長いためにバディに聞き返されてしまうという。

冒頭のやりとりといい、今回はギャグ回なのでしょうか。

場面は変わり和江さんの上司である課長の真山から謝罪をされる特命係。

建物の管理ならなんでも、と話す真山さん。

にしてもこの人はポッと出の割にパーソナルな部分の情報が出てきますね、

犯人はこの人か友里さんといったところでしょうか。

さらに「右京さんが怪我をした後走って逃げた、『トン、ズルーン』と変なリズムの足音だった」と話す和江さん。

まるで足のほかに尻尾でも生えてるかのような足音ですが、犯人はドラゴンか何かですかね。

そのことをケースワーカーの友里さんに尋ねるも、心当たりはない様子。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました