【故人の関係者を自称】「不謹慎系YouTuber」をやめた方がいい理由【該当し得る罪について】

インターネット

不謹慎系YouTuberとは

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

不謹慎系YouTuberとは

スポンサードリンク

事件や事故、芸能人のスキャンダルなどが発生した際、

その関係者を装った動画を投稿する事で再生数を得ているYouTuberのことを指します。

故人の関係者を名乗ったり、時には故人本人である、というタイトルで動画を投稿するなど、過激な内容で注目を集めています。

こうした動画の過激さを好んで再生するユーザーがいる一方で、

名誉毀損や侮辱行為を含んだ動画内容に苦言を呈する声もあがっています。

そのためYouTubeやGoogleアドセンス(広告)のガイドラインに抵触しているケースも少なくはありません。

それでも「その過激さ故に、簡単に再生数が稼げる」「訴訟や広告取り消しなどがなければ問題ない」などの判断から、

次々に不謹慎系動画を投稿するYouTuberが跡を立ちません。

罪に問われるケースも

こうした特定の人物を取り扱った動画は、訴訟だけでなく罪に問われる可能性もあります。

「不謹慎系YouTuber」には少なくない法的リスクが伴うということになりますが、

その罪について見ていきましょう。



スポンサードリンク

侮辱罪

事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料を科されることになる、という罪。

わかりやすく言うと特定の人物を指して「馬鹿」や「クズ」などの投稿を行えば、侮辱罪により罰せられる可能性があります。

名誉毀損

事実を摘示することによって相手の社会的評価を低下させること。

これは投稿している内容が事実かどうかに関係なく、名誉を傷つけた場合に罰せられることとなります。

例えば「○○は昔刑務所に入っていた」などの社会的信用を落としかねない投稿は、

実際に○○が刑務所に入っていたかどうかに関係なく名誉毀損の対象となります。

また、あたかも自分が他の人物本人であるかのようになりすまし、社会的評価を落とす投稿をすればそれも名誉毀損の対象となります。

名誉毀損罪は刑法230条に規定されている犯罪であり、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金刑に科されることになります。

信用毀損罪・業務妨害罪

虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されることとなります。

簡単に言えば「あの人が経営している店の料理には虫が入っていた」などの嘘の噂を流す投稿行為がこれにあたります。



スポンサードリンク

「不謹慎系YouTuber」をやめた方がいい理由

さて「モラル的」に「法的」に、不謹慎系YouTuberをやめた方が良い理由が伝わったかと思われます。

最後に不謹慎系YouTuberをやめた方がいい「YouTube的理由」を個人的にあげさせていただきたいのですが、

YouTubeの過激系動画は同程度の過激さの動画を連発していては再生数が著しく停滞・低下します。

「まあどうせ過激なものであればもっともっと」となるのが多くの視聴者の声ですからね。

例えば今回のようにネット上で話題になった瞬間はその例から外れて、ある程度どのような不謹慎系動画も再生数を伸ばすかもしれませんが、

それでも基本的に「より過激な不謹慎系動画」を投稿し続けるという作業を行わなければ、

継続的な再生数の獲得は望めません。

しかし一方で、ただでさえ過激な内容のものをさらに過激にする、というのは「過激さの伸びしろ」が少なくなっていくため難しい行為です。

簡単に言えば過激系動画は非常にネタ切れを起こしやすいカテゴリな訳ですね。これについては大手YouTuberの方も触れています。

時事ネタを扱うYouTuberは少なくはないため、思ったように再生数が稼げない、という再生数が伸び悩むケースも少なくありません。

また、過激にすればするほど有名になればなるほど、

先ほど触れた法的リスク・訴訟リスク・広告取り消しリスクも当然ながら大きくなっていきます。

つまり継続すればするほど、手間の割にリスクが大きくリターンが小さいジャンル、ということがわかります。



スポンサードリンク

最後に

ネット上で大きく話題として取り上げられている不謹慎系YouTuber。

今後さらに形を変えて、全く異なる形態の不謹慎系動画が投稿されることがあるかもしれません。

その際は都度この記事も更新していきます。それではまた。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました