【今さら感想】「ドキュメンタル シーズン8(延期版)」を視聴して

お笑い

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「今さらドキュメンタルを見て」というタイトルのもと、
ドキュメンタルの各シーズンを追った感想を掲載していきたいと思います。

ドキュメンタル シーズン8

というわけでシーズン8(お蔵入りになっていたバージョンの方)。
今回の参加者は、

スポンサードリンク

ジミー大西
ケンドーコバヤシ
くっきー!(野性爆弾)
河本準一(次長課長)
秋山竜次(ロバート)
久保田かずのぶ(とろサーモン)
稲田直樹(アインシュタイン)
松尾駿(チョコレートプラネット)
ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)
粗品(霜降り明星)

という10名。
メンバーを見ての感想は、かなりバラエティに富んだメンバーが揃ったなぁと。
ここ数回はかなりタイプ的に偏ったメンツが揃っていたため、
ここにきて色がバラバラの芸人さんが揃ったのは新鮮。
優勝候補はやはりくっきーさんでしょうか。
過去に登場してあまり笑わず、攻撃力が高めという意味ではケンドーコバヤシさんととろサーモン久保田さんも終盤または最後まで生き残っていくことになると思われます。
ジミーさんや秋山さんはむしろゾンビ状態での活躍が強いので(つまり毎回笑って退場してしまっている)、優勝という意味では厳しいのかなと。
河本さんと粗品さんは芸風的におそらく最後まで生き残ることはできても、ポイント的に厳しい予感が。
稲田さんと松尾さんはそこまで前に出て色々するタイプではないので、やはりポイントが不足する予感。
不気味なのはナダルさんですね。
この人が積極的に関わってポイントを稼いでいくのであれば、くっきーさんの対抗馬となる存在になるかもしれません。
バラエティ的には異常者としての側面のみが演出されることの多い芸人さんですが、
意外とちゃんと関わっていける、ちゃんと面白い人なので、
用意したネタ次第では勝機があると思います。

さて今回なによりも触れたいのは、やはりAmazonにより一時的にお蔵入りとなっていた点。
あんなにめちゃくちゃでも配信されてきたドキュメンタルがお蔵入りになる原因なんて想像もつきませんが、
そういう意味でも見るのが楽しみだなぁと。

はい、ではここからは実際に視聴してみての感想となります。
なんなんだこの回……
個人的には粗品さんがかなり前線で、普段の後藤さんや藤本さん的ポジションで回していたのは意外でした。すごいなぁ、出世したなぁ…。
ただそのポジションは誰よりも多くのボケに首を突っ込む必要があるため、ポイントを稼ぐのも生き残るのも少し厳しかったですね。
突如にらめっこを仕掛けた時の顔は笑いはしませんでしたが好きでした。

あとはナダルさんも強かったなぁと。
こういうタイプの芸人さんはドキュメンタルではいじられ待ちをしてしまうことも多いのですが、
積極的に前線での絡みに乗り込んでいったのは良かったです。かなり場の空気を形成するのに貢献していたのでは。

稲田さんと松尾さんはやはりちょっと大人しめでしたね。
ただ放送に引っ掛かったシーンでの松尾さんの爆発力は凄まじかったです。
時系列では後となる前シーズンに引き続き呼ばれた理由もわかります。

さて今回はくっきーさんやジミーさんが途中で消えたことで、かなりやりやすいドキュメンタルだったのではないかなぁと。
くっきーさんやザコシショウさん、ジミーさんのように、相手に関係なく自分のやりたいことだけで笑いを取り切るような理不尽な存在がいなくなるため、
少なくとも笑いの自制がしやすい環境ではあったのかなと。
そしてその中で一番爆発力を有していた久保田さんが勝つのも納得でした。そもそもディフェンス力も凄いですからね。

放送コードに引っかかったシーンは実際に見てみたかったなぁと。
なんならあの場に実際に参加して、カオスな空気感を体感してみたかったです。

はい、というわけで今回の感想は以上となります。
お疲れ様でした。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました