【デュエルリンクス】サイキックリフレクター&岩石族で安定展開!光の結界 バスターモード・トラミッド デッキレシピ【キング帯】

ゲーム

※記事内の画像に関しては、

Konami Digital Entertainment,スタジオダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI,アプリ「デュエルリンクス」より引用しております。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回はデュエルリンクスについて。

トラミッド

今回紹介するのはトラミッドデッキ。
このブログでも何度か取り上げたことのあるトラミッドですが、
今回は少し面白いギミックを搭載しての構築となります。
まずベースとなるのはスキル「光の結界」。
自分ターン開始時に張られるフィールド魔法であり、効果自体は「アルカナフォース」に関連したものであるためトラミッドに直接の恩恵はないのですが、
フィールド魔法が張られることで

・「トラミッド・ハンター」による召喚権付与
・「トラミッド・パルス」の効果発動コストの捻出
・「トラミッド・スフィンクス」の打点上昇

などでプラスの恩恵を得ることができます。

「荒野」のフィールド魔法を張るスキルの方がトラミッドの打点も上がって良い気もしますが、
デュエル開始時に張られるスキルの場合相手ターン中に割られるリスクが大きいため、
今回は安全に自分ターンで恩恵を得るべく「光の結界」を採用。

そしてさらにそこに搭載したのが「バスターモード」軸。
これによりトラミッドは更なる安定展開が可能となりました。

サイキックリフレクターは単体でエンシェントフェアリードラゴンを出すことができます。
サイキックリフレクターの効果で「光の結界」を割りつつフィールド魔法をサーチできるため、
「サイキックリフレクター」も実質トラミッドフィールド魔法として扱うことができます。

一見、他のトラミッド下級モンスターとサイキックリフレクターが召喚権を食い合う気もしますが、
エンシェントフェアリードラゴンは手札のレベル4以下モンスターを特殊召喚する効果もあります。

つまり「サイキックリフレクター」が初手に存在すれば、
エンシェントフェアリードラゴン+「トラミッド」フィールド魔法という盤面を作りつつ、
あとは手札の下級トラミッドやフィールド魔法を盤面に出せばさらに盤面を強固にすることができます。

「スキル」が存在するリンクスだからこそ可能な展開方法、
アドバンテージを稼ぐのがそれほど得意ではないトラミッドデッキにおいて、
「光の結界」+「サイキックリフレクター」というアドバンテージ確保能力の高いこのデッキは好相性。
ぜひみなさんも使ってみてください。

では今回のデッキレシピへ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました