スポンサードリンク

【スマホ充電】「電気窃盗」事件は犯罪?【電気は物か】

スポンサードリンク

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「電気窃盗」について。

電気を盗るのは犯罪?

スポンサードリンク

しばしば話題に上がるのが「電気」を目的とした窃盗行為。

充電が出来るスペースが与えられている場合を除き、公共の施設や駅の通路、トイレ等で電気窃盗をする人がいます。

「窃盗なんて大層な、ちょっと充電したかっただけ」

という意識の方が非常に多く見受けられますが、

これは「窃盗罪」の要件に該当します。

【刑法235条】
他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

「電気って他人の財物なの?そもそも物ではないのでは?」とする意見が聞かれます。

確かに電気は「電荷の移動や相互作用により発生する物理現象の総称」であり、

本来物ではありません。

しかしそれでは電気を盗む行為を取り締まることができないことから、

刑法では「電気を財物とみなす」という規定があります。

【刑法245条】
この章の罪については、電気は、財物とみなす。

たしかに電気窃盗は被害の実態が見えず、罪の意識も感じにくくなることは事実ではありますが、

それでも管理者の許可が下りていない状態で電気を不正に利用することは犯罪です。

仮に自分がやったことがあれば今後はやらないよう意識し、

やっている友人等がいれば注意をするようにしましょう。

ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました