【ローフード】倫理?宗教?「ヴィーガン」と「ベジタリアン」の違い:ヴィーガンの種類一覧【マクロビオティック】

インターネット

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「ヴィーガン」と「ベジタリアン」の違いについて。

「ヴィーガン」と「ベジタリアン」

ベジタリアンとは、健康・倫理・宗教などの理由から、動物性食品の一部または全部を避ける食生活を行う菜食主義者を総称して呼ばれる名称です。
ヴィーガンとは、ベジタリアンの中の一つのタイプであり、動物性食品を全く食べない生活を送ることから完全菜食主義者と呼ばれます。

スポンサードリンク

つまりベジタリアンとは菜食主義者の総称、ヴィーガンはベジタリアンの一部で完全菜食を行う者のこと、ということになります。

「ヴィーガン」等の種類

◎ヴィーガン:食事を含め、生活において動物由来の物の使用を排除する。
◎ダイエタリー・ヴィーガン:食事以外では動物使用は排除しない。
◎フルータリアン:果食主義。果物やナッツなど、木に実る食品(植物の生命に関わらないため)のみを食べる。
◎ラクト・オボ・ベジタリアン:乳製品(ラクト)、卵(オポ)を含む菜食主義。ラクトのみ、オボのみを含む菜食主義にも分かれる。
◎オリエンタル・ベジタリアン:五葷(ごくん)、肉、魚、乳製品を排除する菜食主義。
◎ペスクタリアン:魚介・菜食主義者。
◎セミベジタリアン(フレキシタリアン):動物性の物を摂取する量または回数を制限する(減らす)。
◎ローフード:酵素を壊さないことを目的として、非加熱及び一定の温度以下での調理のみを行う。
◎マクロビオティック:玄米・全粒粉を主に摂取する。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました