【遊戯王】蝶の短剣エルマについて【なぜ禁止なのか】

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は蝶の短剣エルマについて。

IMG_2616

【蝶の短剣エルマについて】

モンスターの攻撃力を上昇する効果と破壊された時に手札に戻る自己サルベージ効果を有する装備魔法。

攻撃力の上昇値は300と微弱であり、純粋な戦闘力強化として使うことはまずないでしょう。
問題は後半の自己サルベージ効果にあります。

IMG_2617

ループコンボ

破壊されるだけで再び手札に戻る、と自己サルベージのための条件は非常に軽く、またこの効果に関しては発動回数制限がありません
そのため破壊をトリガーとするカードや魔力カウンターを貯めるカードとの相性が良く、
容易に無限ループを発生させることすら可能です。
鉄の騎士ギアフリードと王立魔法図書館をフィールドに揃えている状態で蝶の短剣エルマを発動すれば、

「ギアフリードの効果で即座に破壊→王立魔法図書館に魔力カウンターが溜まる→蝶の短剣エルマが手札に戻る→蝶の短剣エルマを再び発動…」と

魔力カウンターを溜め続け無限ドローが可能になります。
ほかの魔力カウンターを溜めることができるカードと併用しても良いでしょう。
あるいは王立魔法図書館の代わりに魔法吸収を発動しても良いかもしれません。
魔法カードを発動するたび500ポイント回復するため、事実上無限のライフポイントを獲得することができます。
上記のように容易に無限ループを発生させることができることから悪用法がいくつも開発され、
禁止カードに指定されることとなりました。
無限ループを発生させるカードは先行ワンキルを助長する関係もあり、
今後エラッタ無しで復帰することはまず無いでしょう。
それでは今回はこの辺りで記事を締めたいと思います。
また次回お会いしましょう、さようなら。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました