スポンサードリンク

【twitterの検索で出てこない】要確認!シャドウバン(Shadowban)とは?【解除されない?】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はツイッターにおけるとある措置について。

シャドウバン(Shadowban)とは

スポンサードリンク

twitterで悪質なユーザーのアカウントや投稿をタイムライン等に表示させない一種の措置を指します。

簡単に言えば「フォロワー以外の人からの検索では自分のアカウントもツイートも表示されないよ」というもの。

「フォロワーさんにツイートを見てもらえばそれで十分」という方からすれば特に問題も無いでしょうが、

「いやいや、フォロワーさんは増やしたいしツイートも見てもらいたい」という方には非常に厄介な措置と言えるでしょう。

かくいう私も一度このシャドウバンを受けております。

シャドウバンの影響

 

シャドウバンが厄介なのは

フォロワー以外のアカウントには一切自分のアカウントやツイートが認識されない

自分のアカウントやツイートを検索する分には何の問題もない」という2点。

例えば自身のユーザー名(例えば私の場合は「雨崎景夜」)を検索にかけてもバッチリ表示されるため、

「なんだ、ちゃんと表示されるじゃん!」と何の問題も起きていないかのように捉えてしまうわけです。

しかしフォロワー以外のユーザーが「雨崎景夜」と検索してもアカウントは見つからず、

まるで私のアカウントが最初から存在していないかのような検索結果が表示されることになります。

そしてこれはアカウントだけでなくツイートも対象。

例えば話題のハッシュタグを使ってツイートをしてもそれがフォロワー以外の人間の目に触れる機会はありません。

これは「自分のツイートを見てほしい」と思っている人にとっては苦しいですよね。

誰もシャドウバンに気づかない

しかし該当アカウントがシャドウバンされている、ということを指摘する人は誰もいません

フォロワーから見れば そのアカウントは存在しているように見えていますし、

フォロワー以外のユーザーからすれば フォローしていないアカウントが検索結果から消えようがそもそも気づかないためです。

意識的に「自分のアカウントはシャドウバンされているかどうか」を確認しない限り発覚しないのが一番の問題点と言えるでしょう。

まずは自分のアカウントがシャドウバンされているかをこちらから確認するのが良いでしょう。

さてシャドウバンにはいくつかの種類が存在します。

順に見ていきましょう。

スポンサードリンク

Search Suggestion Ban

これは検索候補への規制。

twitterにログインしていないブラウザから検索をかけた場合に表示されない、というBANになります。

例えば私が「猫好き仲間募集中!」とツイートをした場合、

フォロワーが「猫好き」と検索をかけると私のツイートが表示されますが、

twitterにログインしていないブラウザから「猫好き」と検索をかけても私のツイートは一切表示されません。

原因

スパムのようなツイートや性的なツイートを投稿しているアカウントの場合は特にシャドウバンされやすいようです。

具体的には同一URLを含んだツイートの連投、

性的なツイートを画像付きで投稿している場合等。

これらのツイートをしている方は要注意と言えます。

いつ解除される?

原因となっているツイート等を控えることで遅かれ早かれシャドウバンは解除されるものと考えられます。

とはいえ解除されるのがいつになるかはわかりませんから、

副アカウントを作り、本アカウントで投稿を控えるといった運用に切り替えるのも一つの手。

もしシャドウバンの解除を狙う方は上記のように該当アカウントの運用を控えることをオススメします。

反対に「フォロワーさんにさえ見てもらえれば良い」という方はシャドウバンによる規制を覚悟でこれまで同様の運用を行うのも良いでしょう。

Search Ban

続いてはこちら、検索への規制。

このBANの場合は、検索をする人がログインしているかどうか、センシティブな内容を表示しているかどうかに関係なく該当アカウントのツイートが表示されなくなります。

先ほどのSearch Suggestion Banと比べてもその措置はかなり厳しいものといえます。

ちなみに私が食らったのがこのSearch Ban。

ただし例に漏れず、本人やフォロワーが検索をかけた場合は何の問題もなく検索結果に表示されます。

原因

定型文のようなツイートを多投している活発なアカウントの場合はこのような規制を受ける可能性があるようです。

普段から同じ内容の投稿が続く場合や、bot等のアカウントは要注意と言えます。

私の場合はブログの同一記事URLの更新ツイートを頻回に行っているとシャドウバンを食らいました。

同じ文章を連投していたためやむを得ないところでしょう。

いつ解除される?

規制としては厳しい代わりに解除されるのも2〜3日と早いのが特徴。

私の場合も2日程経過して解除されていました。

よほど急いで他の人にツイートを見てもらいたい場合は副アカウントを作るなどすれば良いと思いますが、

基本的には焦らず時間が過ぎるのを待つことで自然と解除されるでしょう。

Thread Ban

Thread Banの対象となっているアカウントが他のアカウントへリプライを送った場合、それが表示されなくなるという規制。

原因

リプライに関する迷惑行為を繰り返している活発なアカウントの場合はこちらのBANを受ける可能性があります。

いつ解除される?

こちらもSearch Ban同様恒久的な規制ではありません。

基本的には焦らず時間が過ぎるのを待つことで自然と解除されるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました