【#鬼滅の刃】かっこいい?風柱・不死川実弥と玄弥と父親【禰豆子/おはぎ】

漫画

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は風柱・不死川実弥について。

不死川実弥

鬼殺隊のトップ階級「柱」の一人である風柱。荒々しい表情と言動が特徴ですが、周囲に舐められないようにするため、また周囲を突き放すためにそういった行動を取っている様子。
一方でお館様に対しては理知的な言葉遣いで接したり、和を乱しかねない義勇の行動に引っかかったりなど、
根はまっすぐで規律を重んじる性格です。

母を鬼にされ、それにより他の家族を失うという凄惨な過去を持ちます。
炭治郎にも近い境遇であり、弟である玄弥を巻き込まないように言動も激化した様子。

無惨や上弦との戦闘を経るなかで他の隊士との関係は軟化、
玄弥とは互いの想いを真っ直ぐに吐露しあうようになり、
険悪な中であった義勇とは一緒に食事をするまでになっています。

家族との関わり

無惨との戦闘では生死を彷徨う事態にまで陥りましたが、その中で天国に行けず彷徨う母親の魂と遭遇。
鬼になり家族を手にかけたことから天国へは行けない母親の手を取り、共に地獄に行こうとする実弥でしたが、
それを阻んだのは「ろくでなし」の父親。
暴力ばかりふるう父親でしたが、手を伸ばす母親と引き離し力ずくで実弥を現実へ送り返すのでした。

息子を地獄に引き込むことになっても一緒に歩む決意を決めた母親、
母親を自分のものとして行動した結果実弥を生き返らせることとなった父親(実弥を想って行動した可能性もあります)、
そして今回も父親によって自分の進路を乱された実弥、
とここも家族としての描写が印象的な部分となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました