スポンサードリンク

【簡単】「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります」という警告への対応【GoogleAdSense】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はとある警告への対応について。

ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります

スポンサードリンク

それはいつものようにGoogleAdSenseのページを開いた時でした。

【画像:警告文】

…ん?

なにやら見慣れない警告文が。

〜回想〜

Google「adx.txtファイルが含まれていないサイトがあります。」

私「???」

Google「収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」

私「ファッ!?

〜回想終わり〜

はい、これまでGoogleからは色々な提案をされてきましたが、

このような脅し文めいたものが届いたのは初めてです。

正直めちゃくちゃ焦りました。

なにせ私はPCド素人、Google先生が何を言っているのかサッパリ分からないのです。

しかしこのままではGoogleの言う通り収益に重大な影響が出かねない…

というかこれから説明する作業をしないと広告停止等のペナルティを受ける可能性もありますので要注意。

さて今回はこの危機に対して、PCド素人である私ですら出来た対応方法を記載していきたいと思います。

①「ads.txt」テキストボックスを作る

まずはここから始めていきましょう。

GoogleAdSenseの「アカウント」から「設定」、「アカウント情報」へ移動します。

【画像:アカウント情報】

【画像:サイト運営者ID】

そして「アカウント情報」にあるサイト運営者IDを確認。モザイクで黒塗りしている部分ですね。

この「pub-●●●●●●●●●●●●」の●部分にある数字をコピーしておきましょう。

さて続いてテキストファイルを作ります。

今回使用するテキスト

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

Terapad等でテキストファイルを開き上記のテキストを貼り付けます。

そしてこの数字の部分(「pub-」の後、0が12個並んでる部分ですね)に先ほどGoogleAdSenseでコピーした数字12桁をペーストします。

これでテキストファイルの作成は完了、「ads.txt」という名前で保存しておきます。

②ファイルをアップロードする

さて続いてはXサーバーへ移動。

ファイルマネージャからログインします。

【画像:ファイルマネージャログイン画面】

…が、私のようにFTPユーザーIDもパスワードもまっったく知らない方もおられるでしょう。

そういった方は「インフォパネル」等からログインして下さい。

【画像:インフォパネル内】

はい、「インフォパネル」からでも「ファイル管理」からファイルマネジャに辿りつくことができます。

【画像:ファイルマネジャ】

さて、ログインした後は自分のブログのURLがファイル名になっている物があるためそれを開きます。

 

色々なファイルが出てきましたがその中の「public html」をオープン。

するとさらにごちゃごちゃとファイルが出てきますが、もうそれ以上特定のファイルを開く必要はありません。

さていよいよテキストファイルをアップロードしましょう。

画面右側にある「ファイルのアップロード」という欄に「ファイルを選択」という項目があります。

ここに先ほど作った「ads.txt」を選択しアップロード。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました