【短い理由】なぜ2月の日数は28日なのか【うるう年】

季節・行事

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は2月について。

なぜ2月は28日までなのか

スポンサードリンク

私たちはもはや当たり前のように「2月は28日まで」と認識していますが、

そもそもなぜ2月が他の月よりも短いのでしょうか。

そもそも現在の太陽暦の基となる暦が作られたのは古代ローマでした。

暦を作った目的は農耕に役立てるためであり、農作業をしない冬の間は暦を作る必要がなかったため、

元々は3月から12月末までしか作られていなかったのです。

10ヶ月分しかカレンダーが無かったわけですね。

しかしその後、これまで暦が決められていなかった期間も月を作ろう、という事になりました。

後から1月と2月が作られたわけです。これで3月から始まり2月で終わる12ヶ月の暦が出来上がりました。

 

偶数月は30日、奇数月は31日

そして現在の形となる暦を定めたのがローマのユリウス・カエサル。

彼は奇数の月を31日、偶数の月を30日とする暦を定めました。

つまり3月が31日、4月が30日、5月が31日…と、31日と30日の月が交互にくる暦を作ろうと順番に設定していったわけです。

しかし1月を31日に決め、いよいよ最後の月である2月に取り掛かろうかというところでひとつ問題が。

このまま2月を30日にしてしまうと、1年が366日になってしまいます。

1年は365日のはずなのに、このままだと1年の日数が変エサルしてしまいます。

カエサルは「なら仕方ない、2月を1日減らそう」と考え、1年の最後の月である2月の日数をうるう年の場合は30日、通常年は29日としたのです。

ちなみに1年のはじめを3月から1月に変えたのもカエサル。

色々変エサルしたんですね。

ということでめでたしめでたし。

…ん?

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました