【相棒シーズン18】第5話「さらば愛しき人よ」色々と雑な感想【佐藤江梨子 水橋研二】 #aibou #相棒18

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

第5話「さらば愛しき人よ」

あらすじ

テレビ朝日,「相棒 season18」より引用

亘の元カノは覆面詩人の殺人犯!?

コーヒーの香りが危険な秘密へと誘う!

スポンサードリンク

青酸カリの中毒死で『スノウ』というペンネームを持つ人気覆面詩人の女性が殺害された。現場から亘(反町隆史)の写真が発見されたため、伊丹(川原和久)たち捜査一課が事情を聞くと、スノウの正体は、遺体で発見された女性ではなく、竹田ユキ(佐藤江梨子)という名の別人で、数年前に別れた元恋人だという。被害者と同居していたユキが姿を消していることから、捜査一課は容疑者として行方を追うことに。いっぽう、亘はユキと出会い、逢瀬を重ねたコーヒー店を数年ぶりに訪れる。顔馴染みの店主・金子(水橋研二)から、ユキの連絡先を教えてもらうためだった。事件に興味を持った右京(水谷豊)も、そこに合流。2人は、被害者がスノウを名乗っていた理由を探るため、詩集の発行元を訪れる。すると、出版の契約をめぐってトラブルが起きていたことが判明し!?

元恋人はなぜ亘の写真を大事に持っていたのか?

覆面作家であることをひた隠しにしていた理由とは!?

亘が、事件と繋がるほろ苦い恋の名残を追う!

ゲスト:佐藤江梨子 水橋研二

放送前のあれこれ

なにやら冠城くんの元カノが登場するという話だそうですが、

個人的には冠城くんの恋愛回はブラックパールの女で披露しそのまま退場するのかと思っていたので、

シーズン序盤に行われるのは意外なところでした。

冠城くんは来シーズンも続投することになるのか、あるいは今シーズンで退場するからこそ冠城くん関連の話を消化していくのか…

私は個人的に青木くんが大好きなのですが、青木くんと冠城くんはセットの印象があるため、

冠城くんが仮に今シーズンの最後に退場してしまうとなるとその前話あたりで青木くんも退場しそうで怖いんですよね。

できればまだまだ2人とも出演してもらいたいところ。

「冠城くんの彼女」から話が逸れましたが結論をまとめると、

要するに青木くんが冠城くんの彼女になれば全て解決するよ、ということです。

はい。お酒を飲みながらこの記事を書いているので許してください。

放送中・放送後の感想

暖かなポエムから始まった今回の相棒。

どうでもいいですが小学生の頃にポエムを作る授業で、

1時間の間にポエムを20個量産して担任をドン引きさせた事を思い出しました。

さて今回の被害者は「スノウ」という覆面詩人だったようで、本名は石川真悠子。

そんな時、「スノウの正体は別の女性、竹田ユキ」と言い放つ冠城亘。

しかし出版社の社長は「スノウの正体は石川」と言っていたようで…

被害者の石川真悠子はユキと同居していたことが発覚。

捜査一課は冠城と関わりのあるユキを追うことに。

さあ今回は特命係の色男、冠城回ということになりそうですね。

おそらく今後も冠城くんの女性関係は絡んでくるでしょうが、

果たして冠城くんの元カノの人数は何人なのかも気になるところです。

さて冠城くんは金子(ネコ)さんという男性の働くバーに訪れます。

バーでユキとの思い出を想起する冠城。ネコさんからユキの連絡先を聞き出します。ユキに留守番電話を入れる冠城。

その後右京さんと共にネコさんと絡みながら、竹田ユキとの出会いを思い返します。

さてそんな中ネコさんがコスタリカに農園を持っていることが判明。

これはネコさんが犯人に違いないですね。

「よりコーヒーにコクを出すために人間の血液が大量に要るんだ」とネコさんが石川さんに襲い掛かったに違いありません。

そう考えるとネコさんがめちゃくちゃ怖くなってきました。

コスタリカの農園も実は人間を肥料代わりにしてるとか可能性ありますよ。

おいおい、これが噂のJホラーか…?

さて「なぜ出版社の社長が殺された石川をスノウと言ったのか」の謎に迫ります。

社長にそれを迫ると「スノウの素性を一切口外しない」という条件で契約をしたのは石川真悠子であり、スノウだと思っている様子。

そして「スノウを辞めたい」というメールを石川から受け、向かってみれば亡くなっていたという。



スポンサードリンク

CM明け、「幸せはポエムを書くための感性を鈍らせてしまう」、

だからこそ冠城亘はユキとの関係で自ら身を引いたのでは、と推理する右京さん。

相手の女性への気遣いの結果、自ら身を引くという選択をする辺りは流石の冠城くん。

事件前日にユキが被害者の口座から1000万を引き出していた映像を確認した一同。

これは一体…?

そしてここでやっと青木くんが登場!

いいぞ!今日も一段とウザいぞ青木くん!!

コードブルーとは爽やかさが全然違うぞ青木くん!!

竹田ユキが偽名であり、南ユキという名前であることが判明。

さらに実の父親を殺害した前科があり、手口も石川殺しと同じ青酸カリによるもの。

DV父からの暴力に危機を感じ、父親の食事に青酸カリを混ぜたようで…

また、母親は「DVはなかった」とユキを庇うことはしなかったことも特徴的です。

石川真悠子がユキの同級生であり、救いの手を差し伸べていたことも浮かび上がってきます。

CM明け、ネット上での書き込みから何かを見つける右京さん。

いつも通り青木くんに用事を頼みます。

これもう半分青木くんも特命係だろ…

一方、冠城亘はユキの母親にDVの真相を聞きます。

「南家の人間は不名誉な死は避けなければならない」という圧力を受けた結果、

DVはなかったという虚偽の証言を行ったことが判明。

場面は変わり右京さんは鑑識で保全写真を確認することに。

その最中青木くんから依頼していたIPアドレスの報告を受ける右京さん。

いよいよ物語も大詰め。

犯人はきっとネコさんに違いありません。

CM明けに「コーヒーの質を高めるためには人間の血液が必要だったんだ!」と叫ぶネコさんを予想しておきます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました