【相棒シーズン18】第14話「善悪の彼岸~ピエタ」色々と雑な感想【右京さん/伊武雅刀 石田ニコル】#aibou #相棒18

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

第14話「善悪の彼岸~ピエタ」

テレビ朝日,「相棒 season18」より引用

あらすじ

原宿で身元不明の変死体が見つかり、伊丹(川原和久)たちが捜査に乗り出すが、その後、事故と断定される。そんな中、スコットランドヤード時代の右京(水谷豊)の相棒で、犯罪者に私刑を下している疑惑がある南井(伊武雅刀)が、特命係に現れる。この2年、南井が連続殺人や犯人の自殺に関与していることを疑いながら、証拠をつかめずにいた右京は、今度こそ逮捕しようと周辺を調べ始める。すると南井は、自身のルーツともいうべき場所をめぐっていることが分かるが、目的は見当がつかない。いっぽう亘(反町隆史)は、南井と共に来日したと思われるマリア(石田ニコル)という女性と接触。今回は、彼女が南井に操られて罪を犯すのではないかと危機感を募らせる。そんな矢先、都内の下町で、女性の絞殺死体が発見される。右京は、原宿の変死体とその絞殺死体には、ある共通点が存在することに気づくが…!?

右京の元相棒は、裁きの賢者か悪辣な殺人者か…

スポンサードリンク

都内で次々に発生する事件には驚きの共通点が!?

右京が最強の宿敵との“最終決戦”に臨む!

ゲスト:伊武雅刀 石田ニコル

放送前のあれこれ

さあいよいよ歴代シーズンの中でも右京さんを苦しめ続けてきた強敵、伊武雅刀との直接対決です。

これまで他の人間に犯行を指示する形で自分の手は汚すことなく生きてきた南井でしたが、

今回は日本に訪れるということでいよいよ決着の時は近いようですね。

前後編ということでこれまでのような「他の人間だけがトカゲのシッポとして捕まる」という決着にはならないでしょう。

冠城亘が相棒から離れる時が近づいているようで、個人的には南井にはロンドンまで逃げ切って欲しいところ。

この人はいわば冠城亘相棒における象徴的敵キャラで、この人が捕まると冠城亘相棒も終わってしまいそうなので…

冠城亘と共に入庁した青木くんまで退場するハメになるのもアレなので、

とりあえず今回は南井にロンドンまで逃げ切ってもらうよう全力で応援します。

頑張れ南井!

来シーズンも続投してくれ冠城青木!

放送中・放送後の感想

さあついに始まったvs伊武雅刀最終戦。

女性が被害に遭った現場からスタートしまきた。

場面が変わり南井が特命に現れたシーンから。

右京さんとの約束を守り日本までやってきたという南井、

これはラスボスの風格ですね。

南井が関わったと思われる事件を徹底的に調べていた右京さん。

犯罪者の心理をつぶさに理解し、自分を唯一の理解者であると認識させ意のままに操ったのではないか、と自分の推理を話します。

もはや歪んだ正義の執行者ではない、単なる身勝手な殺人鬼であると厳しく追及します。

これに対しチェスをガッシャーンしてブチ切れた南井。

子供がオセロで負けた時よくやるやつですね。私もよくやりました。

警視庁を出た南井を一旦追うことを諦める特命。

なにも証拠がない以上やむを得ないところでしょう。

5年前、ロンドンで南井と再会したシーンを思い出す右京さん。

彼ともいわば「相棒」だった時期があったんですね…

右京さんの相棒は本当に色々な経緯で彼の元を去りますが、

南井の場合は果たして。

その後現代に戻り、南井の足取りを追う特命。

南井が絡んでいると思われるマリアという女性に接触を図る冠城亘、

その後日暮里で殺人事件が発生、スカーフで絞殺されたと思われる遺体が発見されます。

その「スカーフ」殺人がマリアによるものだと踏んだ冠城亘。

更に冒頭の事件も絞殺であることが発覚。

おいおい、じゃあこれもうマリアが実行犯で確定じゃないか、解決!(絶対それだけじゃ解決しない)

CM明け、マリアとホテルの一室で密会する南井。

マリアが冠城亘が特命という刑事であることを知らされます。

一方、青木くんから被害者の素性を知る特命。

どうやら「神待ち」していた買春予定者、つまりは南井の狙う犯罪者の条件を満たしていた様子。

その後足取りを辿り、売春を希望したと思われる平田という人物に接触。

こいつが犯人の可能性は十分ありますよ。なんかもう「いかにも無害」という見た目からして怪しい気がします。

さてここでマリアから連絡を受ける冠城亘。

何か思惑があると知りながらもそれに乗ることに。

CM明け、「あなた刑事なんでしょ?なにを調べてるんです?」と冠城亘に聞くマリア。



スポンサードリンク

それに対して「犯人なのでは」と突っ込んでいく冠城亘。

「南井の指示を受けていたのだろ、狂器のネクタイやスカーフは証拠だから頑なに出さない」とさらに推理を続けていきます。

さらに「南井に利用されているだけ」と続ける冠城。

動揺したマリアはその場を立ち去っていきます。

しかしその未熟な人間を利用するとは南井らしくない、と怪しむ右京さん。

場面は変わり、ホテルの一室。

マリアが南井に「本当のことを教えてください」と追及。

南井に指示され、その場所に向かっていったようですね。

つまりこれまでとは違い、他の人間をカモフラージュに南井が直接手を下していた可能性が出てきました。

マリアは本当に利用されていただけ、ということになりますね。

きっとこの人は次の花の里の女将になるに違いない…!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました