スポンサードリンク

【殺ったね】強い?「家族が増えるよ、やったねたえちゃん!」とは【カワディMAX:フラッパー連載】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「やったね!たえちゃん」について。

作:カワディMAX,「コロちゃん」より引用

やったねたえちゃん!とは

スポンサードリンク

元ネタはアダルト漫画「コロちゃん」(作:カワディMAX)の一節から。

ネット上ではトラウマ作品として挙げられることが多く、

「やったねたえちゃん!」という本作のトラウマを想起させる書き込みに対し「おいやめろ」という制止するレスポンスが付くのはもはやお約束となっています。

ストーリー概要

あるところにたえちゃんという女の子がおりました。

たえちゃんはお母さんに児童相談所に預けられていましたが、

その時渡されたぬいぐるみを肌身離さず持ち歩き、十数年を過ごしました。

そうして生きている中で、たえちゃんはクマのぬいぐるみの「コロちゃん」とは時々会話を交わすまでになっていきます。

そんな中、たえちゃんの叔父が引き取り手として現れました。

たえちゃんはこのことをコロちゃんに「家族が増えるよ」と報告、

コロちゃんも「やったねたえちゃん!」と答えたのでした。

心温まるなぁ…

作:カワディMAX,「コロちゃん」より引用

しかし叔父の元に引き取られてからは事態が一変。

家は全く片付けられておらず、中から酒を飲んだくれた叔父が現れます。

たえちゃんが「コロちゃんです。よろしく」と挨拶をすると

「…アホか。もうそんなもんで遊ぶトシでもないだろ。ゴミ増やすな捨てろ」「ガキだなー」

と一蹴する叔父。

「ガ、ガキでいいもん…」と答えるたえちゃんに対し

「よし、じゃあ…さっそく大人にしてやろう」とたえちゃんを押し倒しロープで縛り上げるのでした。



スポンサードリンク

そこからは叔父の一方的な攻勢、

「大人の女はぬいぐるみなんかじゃなく○○○(※男性器)で遊ぶんだよ」とたえちゃんに襲いかかります。

コロちゃんに助けを求めるたえちゃん、しかしあれだけ会話をしていたコロちゃんが返事をしてくれなくなります。

(※叔父曰く「たえちゃんは大人になったから」。)

その後も叔父に良いようにされ続け、衰弱し切ったたえちゃん。

作:カワディMAX,「コロちゃん」より引用

それでもコロちゃんに話し掛け続けるたえちゃんにキレた叔父は、

コロちゃんの胴体を引きちぎり、その部分で男性器を拭ったあとゴミ箱に捨ててしまいます。

もはや光を失った目のたえちゃんと、ボロボロになったコロちゃんが映され、物語は終わるのでした。



スポンサードリンク

ネット上で反響

こうした経緯から「ただ純粋な気持ちでエロ漫画を読もうとしていた」多くの読者の心を粉々に砕いた、

トラウマアダルト漫画としてネット上でその存在感を発揮し続けた本作。

「家族が増えるよ、やったねたえちゃん!」というセリフは半ばネットスラング化し、しばしば掲示板等で使用されてきました。

また「『コロちゃん』のこの結末はあまりにもいたたまれない」とし、

他漫画のキャラクター(例:コブラなど)が叔父を粉砕するコラ作品も多く作られてきました。

さて、そうして10年ほどが過ぎた中…

作:カワディMAX,「やったねたえちゃん!」より引用

「やったねたえちゃん!」が連載

「やったねたえちゃん!」が10年の時を経てまさかの一般紙連載作として復活。

内容の詳細を明かすことは出来ませんが、本作では「コブラなどの他漫画のキャラクター」の手助けが全く必要ないほど、

たくましくなったたえちゃんを見ることが出来ます。

その強さは「殺ったね、たえちゃん!」という編集の謎煽り文が入るほど。

もはやたえちゃんはみんなにトラウマを残す存在ではない、

と言わんばかりに躍動するたえちゃんを是非ともご覧ください。



スポンサードリンク

ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント

  1. […] (画像の出典元) […]

タイトルとURLをコピーしました