【ONE PIECE】シロップ村について【カヤ/ウソップ海賊団】

ONE PIECE
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はシロップ村についての考察記事になります。

 

IMG_1613

【シロップ村について】
  • 東の海にあるのどかな村

  →東の海に浮かぶとある島一帯を管轄する村であり、ウソップの生まれ故郷。
     のどかな気候であり、南北に一つずつ入り江があり船の出入りはそこで行われる。
    ウソップが毎朝「海賊が来た」とデタラメを叫びながら街中を走り回り、それに反応した村民が嘘をついたウソップに対して怒る、というのがシロップ村の日常の風景であり、
実際に海賊が襲撃したことは一度もなく村は平和そのもの。
     しかしとある海賊が本当に襲撃してきたことにより、村は存亡の危機を迎えてしまう。
  • カヤの存在

    →シロップ村の重要人物の1人に、村の外れにある屋敷に住む富豪の娘であるカヤが挙げられる。
   両親を亡くしたショックから病気がちになっていたが、ウソップのホラ話を聞かされるうちに笑顔と元気を取り戻していった。
    作中で2年経過した現在でもウソップに想いを寄せており、また医者を志していることから医学の勉強に励んでいる。
スポンサードリンク

コメント