【ONE PIECE】バクバクの実 最強説【ワポル】

悪魔の実

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はバクバクの実について考察していきたいと思います。
元ドラム王国国王であり現悪ブラックドラム王国国王ワポルが食べた悪魔の実ですね。

バクバクの実について

あらゆる物を食べる事が出来る

   口を巨大化させ、ありとあらゆるものを食べる事が出来る雑食人間
   その食べる事が出来る範囲は短剣に始まり砲弾や大砲、果ては人間や家屋すらも丸呑み可能。
もはや雑食で片付けていいレベルではない。
   歯や顎も刀剣をへし折るほどの強靭さであり、素材が鉄で出来ていようがおかまいなしである。
   その能力の相性上、ドルドルの実やペロペロの実などの、物質を生み出し、形作る能力者に優位を取る。
   それらの能力によってせっかく作った構造物も強靭な顎によって片っ端から食べられてしまうだろう。
   もはやバクバクの実の能力者の身体そのものを拘束・固定するしかないが、自身の身体をも食べる事が出来てしまう以上それも長くはもたず、不利を強いられると考えられる。
   残念ながら作中でワポルが登場した時点では麦わらの一味にはそういった能力者がおらず、その利点も少ないものであった。
   フランキーがいれば、せっかく彼が作り出した武器や構造物を片っ端から食べるなどして戦闘をかき回す事が出来たかもしれない。
      

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました