スポンサードリンク

【ONE PIECE】ニャーバンブラザーズ最強説

個人考察
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

みなさんはONE PIECEに登場するニャーバンブラザーズを覚えているでしょうか。
いつものように近所の中学生にカツアゲされている時にふと
「そういやニャーバンブラザーズとかいうキャラ居たな…」
と思い、ボコられながら家に帰って読み返してみると最強キャラだったので紹介します。

FullSizeRender

・クロネコ海賊団の船の番人

     →これまでに登場したことのない船の番人という役職。新時代の幕開けを予感させる

2人合わせての実力は2代目船長ジャンゴをも凌ぐ

     →本来なら2人で船長になれる程の実力を持つが、あえて上司の顔を立てている、ということだろう。人間としての器は既に四皇クラスと言っても過言ではない

・クロのカヤ暗殺計画に則ってウソップの故郷シロップ村に襲来した。初登場時はやややる気のない素振りを見せている

 

     →「大勢の海賊で叫びながら村を襲撃とかよく考えたら暗殺じゃないよな」と、ニャーバンブラザーズは根本的にキレている。やる気がなかったように見えたのはそのためだ。
もちろんニャーバンブラザーズが本気を出せばルフィ達はシロップ村ごと消し飛ぶだろう。

少し予定より遅れてしまった事をクロに罵詈され、一時的にクロに反旗を翻してブチと共に襲いかかるが圧倒的な力の差を見せつけられる

     →もちろん演技である。先ほども述べたが2人の器の大きさはもはや四皇クラス。八百長演技で上司のクロに良い気持ちになってもらおう、という2人の粋な計らいである。

もちろんニャーバンブラザーズが本気を出せば、クロはシロップ村ごと消し飛ぶだろう。

ではここからはニャーバンブラザーズをそれぞれ個別に見ていこう。2人揃えば敵なしだが、個人の力も凄まじいのだ。

スポンサードリンク

コメント