【#鬼滅の刃】柱合会議(ちゅうごうかいぎ)とは?【コラ画像はやめた方がいい?】

漫画

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「柱合会議」について。

「柱合会議」とは

鬼殺隊のトップ階級である「柱」が半年に一度行う御前会議のことです。
基本的には鬼の動向を中心に前回の柱合会議からの半年間の経過報告が行われ、
それを踏まえてお館様から次の半年間の方針が打ち出される場となっています。
作中では単純な鬼の記録のみならず、鬼殺隊士の人員不足や時代の変容に関する話し合いなどが行われました。
一般隊士の質の向上や柱の「痣」の発現を目的として柱稽古が実施されるなど、
柱合会議で示された方針を元に隊士の強化も行われています。
基本的に参加できるのは「柱」のみであり、それ以外の人間が携わるのはあくまで参考人等として招致される場合がほとんどです。

コラージュ画像の制作も

そしてこの柱合会議、コラージュ画像としてネットでいくつか作られています。
ただし作者の許可を得ずに著作物に意図的な編集を施し投稿をする行為(コラ画像)に関しては著作権を侵害している可能性が高く、
「コラ画像が指摘されないのは、あくまで黙認されているだけ」「周りがやっているからといってセーフというわけではない」というのが現状です。

実際自身の著作物や、自身の写真を勝手に使用されたりコラ画像として使用された作家や芸能人が苦言を呈することがあります。
例えば漫画『はだしのゲン』の版元である汐文社は2018年、「弊社書籍内のイラストやマンガの転載は基本的にお断りしている」「作品の著作権者が不利益を被るような内容であると弊社が判断した場合には、著作権者にお知らせしている」との意見を示しています。
つまり『はだしのゲン』について今後コラ画像による権利侵害を著作権者が認めた場合は、削除や損害賠償の請求を含めた検討を行う可能性がある、というわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました