【遠慮のかたまり?】「関西人が標準語だと思っている関西弁」まとめ

知って得する知識・雑学

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は関西人が標準語だと思ってる関西弁について。

関西弁?標準語?

スポンサードリンク

さて日本全国津々浦々、その土地ならではの言葉の文化というものがあると思います。

その中でも最近話題となっているのは「関西ならでは」の言葉。

「これ全国的に通用しないの?」というものから「まあさすがにこれは関西でしか通用しないわな…」というものまで様々です。

関西で生まれ育った私ですら「そんな言い方してる人いるか…?」と思ってしまう言葉も。

それではさっそく見ていきましょう。

遠慮のかたまり

はい、まずはこちら。

大きなお皿に盛った料理などを複数人で食べた際に最後にひとつだけってしまい、

遠慮して手を出さなくなること。 またその残された物」を指します。

正直私はこのテーマを取り上げるまで「遠慮のかたまり」を使ったことがありませんでした。

兵庫県で20年以上を過ごしてきたはずなのですが、関西人としての自覚が足りないのかもしれません。

これからはバンバン使っていきたいと思います。

蚊にかまれる

【意味】蚊に刺される

はい、これは幼い頃から関西に住まれる方は染み付いていることでしょう、「蚊に刺される」という意味です。

ちなみに東日本では「食われる」という表現が多いようですね。

果たして蚊は食べているのか噛んでいるのか、関東と関西で熱い議論が交わされることでしょう。

ぐねる

 

【意味】足をくじく

 

はい、続いてはこちら。

足が「グネッ」と曲がってしまう状態、つまり「足をくじく、捻挫する」ことを意味します。

同じ意味でも

「足をくじいたわ」と周りに言うと「そうなん?大丈夫?」と心配をされることになりますが

「足をグネッたわ」と周りに言うと「あー痛い痛い(笑)やらかしたな(笑)」となぜか笑い要素が強めの心配をされる可能性が高まるように感じます。

心配をされたいのか笑いを取りたいのか、

その時の気分で使い分けましょう。

アテ

【意味】お酒のつまみ

「お酒のつまみ」を意味するこの言葉。

ただ関西発祥とはいえ、比較的共通言語化している言葉であり「全く聞いたことがない」という人も少なくなりつつあるかもしれません。

関西以外の方でも比較的使いやすく、なおかつ文字数を少なくできるためオススメです。

なにせ「おさけのつまみ」だと7文字も口を動かさなければいけませんが、

「アテ」だと2文字だけで済むんですよ。

いや5文字くらい頑張って喋れよ

さら

【意味】新品、まっさらな状態

新品、つまり何も使われていないまっさらな状態を「さら」と表現します。

A「あー、私の家にさらのティッシュボックスあるから今度貸したるわ」

B「ほんま?嬉しいわぁ、私の家にさらのティッシュボックス無いから困っててん」

というような使い方になります。

ティッシュボックスの貸し借りをするこの謎の会話内容はともかく、

みなさんもぜひ日常会話で使ってみてください。

モータープール

【意味】駐車場

はい、「モータープールとはなんぞや?」「大量のモーターがブチこまれたプールのことかな?」と思われる方もおられるかもしれませんが駐車場です。

もはやそれ以外の何者でもありません。

「○○駐車場」があるように、「○○モータープール」もあるのです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました