スポンサードリンク

【twitterプレゼント企画】詐欺師?GUCCI会長についての一連の流れ【辞めておいた方が良い具体的な理由】#GUCCI会長

知って得する知識・雑学
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

twitterでしばしば話題となるGUCCI会長についてのお話。

スポンサードリンク

というかGUCCI会長に限らずtwitterでの「プレゼント企画」を行う人についてのお話になります。

 

プレゼント企画とは

「フォロー&RTした人から、○○人(もしくは全員)にお金を配布する」というやり口でRTとフォロワーを集めていますね。

この話に乗るとどうなっていくか、というのをお話しておきたいと思います。

まず実際に配布が行われていることは間違いないでしょう。

ただし当初「○○人に配布する」と宣言した人数ではありません。

それよりも遥かに少ない人数に対して配布が行われます。

なぜかって?

そんな大金をみすみす知らない人間相手にばら撒くなんてどんな金持ちでもやらないからです。

つまりは失ったお金と引き換えに「宣伝」等の目的を遂げようとしている、というのは皆さんもわかりますよね。

GUCCI会長(あるいはその他プレゼント企画を実施している人)の場合どんな目的があるのか、というのは後述します。

そもそも例えば「全員に1500円を配る」と宣言したとして、

1万RTすれば1500万円も配らなければなりません。

残念ながらGUCCI会長(あるいはその他のプレゼント企画を実施している人)が実際にお金等を配布している人数は1万名どころか、

ごく数名に絞っていることでしょう。

しかし人数が少ないとは言え、実際に配布は行われますから当選報告も上がります。

そうしておかないと信憑性が失われてしまいますからね。

その中にはサクラも少なからずいるでしょうが、サクラであるという証明はできないためここでは追及しません。

信用の獲得

さて、実際に当選報告が上がっているのを見た人間はどう思うか?

「もしかすると本当に当たるかもしれない」

当たるわけない、と考えていたプレゼント企画ににわかに信憑性が生まれてきた(ように感じる)わけですね。

そして「仮に当選しなくても損はしてないし」とフォロー&RTに踏み切る。

なにせノーリスクですからね。

しかし実際には配布はされない。

配布する人数を極端に絞っている上、「全員に配布する」系のツイートは逐一削除している徹底っぷりです。

該当ツイートを残しておくと「私もあの時RTしたけどまだ配布されないよ?」と言われてしまいますからね。

消してしまえば仮にスクショ等で追及されたとしても「配布期限が切れたから削除した」等、

いくらでも言い逃れも可能です。(信用は失うものの、そもそもスクショを保存しておくような「疑う人間」からの信用は必要ないのでしょう)

そもそも実際にそのような声も上がっていますが弁明をすることなくブロックで対応し、「アンチに絡まれたけど、信じる者だけついてきてくれ」で済ませているのが現状です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました