【相棒シーズン18】第20話「ディープフェイク・エクスペリメント」色々と雑な感想【右京さん/坂井真紀 相島一之 遠山景織子 村上新悟 森口瑤子】#aibou #相棒18

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

あらすじ

テレビ朝日,「相棒season18」より引用

右京が“推理力減退症候群”を発症!?

謎の数字とフェイク動画に捜査は混乱

スポンサードリンク

権力者の思惑が絡む難解な事件の真相とは?

亘(反町隆史)は、最近、右京(水谷豊)の推理力が衰えているのではないかと、角田(山西惇)にこぼしていた。軟禁された天礼島の事件(2019年10月9日放送「アレスの進撃」)や、重大な見落としをして「僕としたことが!」と嘆いたテロ未遂事件(2019年12月4日放送「檻の中」)などをあげつらいスランプを危惧するが、右京自身は、どこ吹く風で…。

そんな中、元東亜ダイナミクス社長の桂川(村上新悟)が、自宅寝室で殺害される事件が発生。背中から刺された傷が死因だったが、なぜかスマホの音声認識アプリが立ち上げられていて、『99』という謎の数字が残されていた。さらに、現場のパソコンから発見された、桂川と女性の“ベッド動画”が波紋を呼ぶ。問題の女性は、顔認証から内閣情報調査室の柾庸子(遠山景織子)と判明したものの、政府直轄組織の人間ということで、警察としても配慮せざるをえなかった。

事件に興味を持った右京と亘は、現場となった桂川のマンションを訪れるが、そこには青木(浅利陽介)の姿が。上層部から“特命係一派”とみなされ、捜査から外されたことに反発して、協力を思い立ったらしい。右京は、青木から得た情報や現場の状況から、問題の映像にある疑問を抱く。いっぽうその頃、事件と何らかの関係があると思われる内閣官房長官の鶴田(相島一之)は、懇意にしている芸者・小出茉梨(森口瑤子)から悪巧みを指摘され…。

翌日、伊丹(川原和久)たち捜査一課は、桂川をスポンサーとして最新の映像技術を研究していた鬼石美奈代(坂井真紀)という大学の特任教授から話を聞いていた。しかし、飄々とした彼女にはぐらかされるばかりで要領を得ない。そんな中、「週刊フォトス」が桂川と柾庸子のあるスクープ映像を入手。監察官の大河内(神保悟志)の指示で特命係がその動画の押収をすることとなり…。

解決の鍵は“動かぬ証拠”である映像!?

事件の背後には暗躍する政府高官の影が…

スランプ中(!?)の右京が、日本の闇と対峙する!

ゲスト:坂井真紀 相島一之 遠山景織子 村上新悟 森口瑤子

放送前のあれこれ

さていよいよシーズン18も最終回。

相棒についての感想を綴ってきたこのシリーズも、来シーズンまで終わりとなります。

冠木くんと青木くんの退場に怯えながら視聴を続けてきましたが、

ひとまず特定のキャラクターが退場する、ということはなさそうで一安心。

色々な回がありましたが、バーサーカー船越に始まり伊武雅刀やブラックパールの女など、印象に残る犯人たちが多かったシーズンでした。

一方で上層部関連の話は少なかったですね。

副総監や刑事部長、甲斐峰秋の登場回数はかなり控えめだったと思います。

さてシーズン19への冠城の続投もほぼ決定的と見ると、彼の相棒歴は6年目に突入していくわけですね。

亀山相棒の記録更新もかかっている以上、来シーズンも大注目です。

放送中・後の感想

はい、今回も放送から遅れての更新となります!

まず今シーズン私の相棒感想記事をご覧になってくださった皆さん、本当にありがとうございました!

相棒というドラマ自体は以前から視聴していたものの、ブログの記事として投稿するというのははじめての試み。

特にリアルタイム更新はドラマの内容に集中しつつブログの記事に文字を打ち込む難しさを痛感することとなりました。

ただ相棒(特に青木くん)が好きなので毎週の感想更新自体は全く苦ではなく、

全20話を楽しくやり遂げることができました。

来シーズンもおそらくこのスタイルで更新を続けるため、

是非ともお付き合いください。

さてシーズン18の最終話となった今回でしたが、

我らが青木くんがとにかく出番の多い回となりました。

本当にコミカルで可愛いキャラですよねぇ、来シーズンも退場しないように頑張って欲しい所です。

事件の概要としては、今後は動画さえも証拠能力として信用しきる訳にはいかない、という警鐘を鳴らす回となりました。

警視庁側のサイバー技術が、犯人側のそれを上回ることが出来なければやりたい放題をされるわけで…

事実を捏造しまくれる、というのは犯人側や組織の上層部にとっては非常に便利な技術であることは確かでしょう。

そして「推理力減退症」という、神戸くん相棒時代の懐かしいエピソードを拾ってきた今回。

噂を流していたのも神戸くんということで、古参の相棒好きがニヤリとする描写も多かったですね。

新たな花の里も見つかり、最終回としては動きがあった方なのでは。

とりあえず青木くんの謎関西弁はアドリブでしょうかね。そういう「気を抜いた」発言ができるほど特命に馴染んできた、ということでもあるかもしれません。

というかディープフェイクがテーマというだけあって、本当に青木くんの出番が多かったですね…

青木くんメイン回といっても差し支えないレベルでは。

いいぞ青木。最近目立ってなかった分かつてないセリフ量だったぞ青木。

あとは単純に無○正やらニャンニャン動画やら、何かとR指定な内容が飛び交う回だったというのが印象的。

何回やってるシーンが流れるんだ。

はい、今回の感想はここまで!

ではまた来シーズン。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました