【デュエルリンクス】シンクロ搭載「代償」堕天使デッキでキング帯へ【立ち回り等解説】

ゲーム

※記事内の画像に関しては、

Konami Digital Entertainment,アプリ「デュエルリンクス」より引用しております。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はデュエルリンクスについて。

デュエルキング到達

スポンサードリンク

はい、というわけで依然として1ヶ月ぶりの更新となります、デュエルリンクス記事。

今回も無事にキングに到達することができました。

現環境は新パックの影響もあり、不知火とブラマジがとにかく多いなぁという印象を受けましたが、

今後もこの2つや堕天使辺りを加えたデッキが環境筆頭として進んでいくことになるのでしょうか。

さて今回使用したデッキは以前と同じく代償堕天使。

環境におけるコズサイの使用率増加を考慮し、神属の堕天使に依存しない構築を心がけました。

ではデッキレシピへ。

デッキレシピ

はい、堕天使パーツを必要最小限詰め込み、コズサイの枠を1つ空けてジェットシンクロンを搭載しました。

レベル1、墓地から自力で蘇生可能と堕天使との相性が良く、

神属を除外されてもワンチャン勝ち筋を取ることが出来るため、

従来の堕天使よりも行動択に幅が生まれています。

「堕天使」カテゴリに属するモンスターではないため当然腐る場面もありますが、

一方でシンクロならではの除去や高打点といった強みもあるため、

そこは折り合いを付けて使用しました。

また新パックで除外からカードを防ぐアーティファクトくんが実装されましたが、

個人的にはただの事故要因にしか思えないので、アレを入れるくらいなら除外対策は出来ないと割り切って堕天使関連カード&コズサイで固めた方が勝率は良くなるかなぁという印象。

KCみたいな一定期間環境が固まっているような大会であれば思い切ったメタとして搭載するのもアリかも知れませんが、

ランク戦ではあまりお勧めはしません。

さて、ではカードの採用意図と立ち回りの解説へ。



スポンサードリンク

このデッキはできることが多いため、まずはカードの発動する優先順位を整理(以下)。

コズサイ>イシュタム>追放>マスティマ>その他

これらのカードが初手に存在する場合、優先的に発動していきましょう。

仮に優先順位が下のカードから発動してしまうと「先にあのカードを使っておけば良かった」と後悔することになります、十分にご注意を。

またスキルの発動タイミングについて、ライフの消耗に合わせて「代償」を発動することになりますが、

デッキに眠る「ディザイア」や「コズサイ」は再利用が出来ないため、

それらを引き当てたい場合はスキルの発動タイミングをずらすようにしましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. masato より:

    雨崎様

    いつもブログを楽しませていただいております者です。
    今回のシンクロ堕天使デッキの、シンクロモンスターはどのようなカードを選んでおりますでしょうか?教えていただけると嬉しいです。

    • 雨崎景夜雨崎景夜 より:

      返信遅れました、申し訳ありませんm(_ _)m
      私はダークエンド、レッドデーモンズ、閃光竜スターダスト、星態竜、スクラップドラゴン、灼銀の機竜
      で運用していました!

  2. masato より:

    ありがとうございます!
    このレシピでキングになることができました。星態龍、いい仕事しますね。
    毎回楽しく読ませていただいております。これからも宜しくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました