スポンサードリンク

【なぜ食べる?】「台風コロッケ」とは【元ネタ&発祥の由来について】

スポンサードリンク

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は台風コロッケについて。

台風コロッケ

スポンサードリンク

台風コロッケとは、「台風の日にはコロッケを買うもの」というネット上に伝わる風習のようなものです。

ただしこの行為自体には特別な意味は無く、台風の日にコロッケを食べたからといって何か縁起が良くなる、というものではありません。

登山家の方が「そこに山があるから登る」と言うように、台風コロッケ家の方は「台風が来るからコロッケを食す」だけなのです。

由来

元々は2001年に台風11号が来た際の2ちゃんねるのニュース速報板でのこちらの書き込みに起因します。

 

111 :こちら横浜2001/08/21(火) 13:10 ID:V2iqkNlA

念のため、コロッケを16個買ってきました。

もう3個食べてしまいました。

「台風が来る」という不安や独特の緊張感にスレッドが包まれる中、投稿されたこちらの書き込みは笑いと和みを提供しました。

なぜコロッケばかり集中的に16個も買い込んだのか、

一体何があって既に3個も食べてしまったのか、

「念のため」と言っていることからこの家ではコロッケを非常食のように取り扱っているのか等様々な疑問が浮かびますが、

この書き込み以来台風が来るたびにコロッケを食べるという独自の風習が広まっていき、

最近ではTwitterなどでも「台風が来たからコロッケを買った」などの内容が書き込まれるようになっています。



スポンサードリンク

イオンでの展開

更にネットメディアを中心に「台風コロッケ」が取り上げられたため、

イオンの一部店舗にて「台風コロッケ」のポップを出す、コロッケの製造量を増やすなどのキャンペーンが行われることも。

ネットの枠を飛び出し、今後はより台風コロッケの認知度も上がっていくことになる…のかもしれません。

Twitterでの反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました