【#鬼滅の刃】絶滅?昼間のみ?青い彼岸花の正体、善良な医者の目的とは【伊之助の子孫】

漫画

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「青い彼岸花」について。

青い彼岸花

青い彼岸花とは、病気で二十歳になる前に命を落とすと言われた無惨に対し、平安時代の善良な医者が用いた薬の名前であり、またその薬に用いられた花のことを指します。
病状が悪化していくことに腹を立てた無惨が医者を殺害したものの、実際は治療の効果があった上に、
「青い彼岸花」による治療が中途に終わったことで、無惨は人智を超えた力を持ちつつも日光を浴びることができない身体になってしまいます。
「青い彼岸花が日光を克服するカギになる」と踏んだ無惨は、その後1000年以上もの間、青い彼岸花を探し続けることとなりますが、
上弦の鬼を駆使しても手がかりすら得られない状況が続きました。

時は流れ、現代。
植物学者である嘴平青葉により青い彼岸花は全て採取されており、
研究の結果年に2〜3日、日中にのみ花を咲かせるという生態が判明します。
また、青い彼岸花は嘴平青葉のミスにより全て枯れてしまったことが発覚するのでした。

青い彼岸花の性質

さて最終話にて明かされた青い彼岸花の特性「年に2〜3日、日中にしか咲かない」。
陽の光を浴びると消滅する鬼にとって、この花を探すのは極めて難度が高く、直接見つけ出すのは事実上不可能ということになります。
また仮に無惨が人間を通じて青い彼岸花の情報を探ろうにも、現代と比べて情報の出回る頻度も情報の精度も高くはなかった時代背景を考えると、
無惨が1000年をかけて探しても見つけ出すことができなかったのは仕方ないと言えるかもしれません。

青い彼岸花がどこで採集されたかは不明ですが、現代になるまで発見されず研究が進んでいなかったことを考えると、
人の目に触れるような場所に生えていなかったことは容易に想像がつきます。

鬼が直接探し出すのは不可能、人間でさえ現代に入るまでまともに採集できていなかった、発見されていなかったことを考えると、
あの時代の無惨にはどうしようもなかったかもしれません。

「青い彼岸花」の医者の謎

ここで気になるのは青い彼岸花を用いた医者の謎。
医者が一体どこから青い彼岸花を入手できたのか、という点に関しては、
医者が運良く群生地を把握できたか、あるいは自分の家にのみ代々青い彼岸花が伝わっていた可能性、
ということを想像してなんとか理解しますが、
気になるのは「青い彼岸花により鬼となったのは無惨のみ」という点。

医者である以上、無惨と同じく長くは生きられない患者というものは何度も診てきたはずで、しかし現在青い彼岸花により鬼となった人間は無惨しかいません。

青い彼岸花による治療を完遂すると、太陽が克服できる代わりに鬼としての性質が消えるため、鬼が生まれなかったとする考えもあり、
中途で治療を終えてしまった無惨のみ鬼の状態のままになってしまった、ということになるのでしょうか。

ナレーションで「善良な医者」とされており、実際無惨の命を繋ぐ目的で青い彼岸花が用いられていることから、
医者には治療以外の目的がないという前提で考えると、以下の3つが考えられるのかなと。

可能性

A:無惨のカリスマ性、オーラ、魅力にあてられて、あるいは無惨に同情して青い彼岸花を用いる決断を下した
B:青い彼岸花は他の人間にも使ってきたが、最終的に無惨のみ生き残った
C:青い彼岸花による治療を最後まで行うと、太陽を克服できる反面、鬼としての力を失う

まずAですが、無惨の放つカリスマ性やオーラにあてられて、あるいは同情して、青い彼岸花を使ってしまおう、という選択を下した説。
無惨は小物扱いされることが多いものの、部下である鬼からはエネルギーだけでなくその性格自体に心酔している描写も見受けられます。
無惨が放つ独特の空気にあてられた結果、青い彼岸花を無惨にのみ使った、とする説ですね。

続いては、他の人にも使ってきたけど最終的に無惨のみ生き残った、という説。
無惨は太陽の克服に青い彼岸花が関係すると踏んでいますが、それも確定した情報ではなくあくまで無惨の希望的観測によるもの。
つまり無惨以外にも青い彼岸花が用いられた治療が行われてきたものの、無惨以外は太陽の光に触れてこの世を去ってしまった結果、あの時代まで生き残っていたのは無惨のみになった、とする考えです。
「太陽の下を歩くと消滅する」というのは無惨が感覚で理解したことであり、
他の青い彼岸花を用いられた患者が無惨と同じように全員感覚で把握できたとは言い切れません。

「青い彼岸花」患者が太陽の光に弱い、ということは善良な医者としても把握できていなかったか、
あるいは把握していてそのことを患者に伝えるも、なんらかの事情で患者が太陽の光にあたってしまったか…。

用いていたのが善良な医者ですので、「太陽に弱くなったとしても、命を落とすくらいであれば生きながらえるために」と青い彼岸花を使うこと自体はあり得るとは思いますが…。

そして最後は、青い彼岸花を用いた治療を途中でやめなかった場合は太陽の光に当たっても問題のない人間に戻る説(つまり無惨の推察通り)。
青い彼岸花による治療を完遂した人間は全員鬼にならず、人間のままでいたからこそ、
無惨以外の鬼が現れなかった、ということですね。

ただし青い彼岸花による治療を最後まで続けた場合に起こる出来事が太陽を克服するだけ、という無惨にとって都合の良いことが起こるのかは疑問。
つまり青い彼岸花を用いた場合は太陽を克服するだけでなく、鬼としての力や生命力を失う可能性もあるのではないか、という点ですね。
もしそうだとすると、無惨が苦労して青い彼岸花を手に入れたとしても、太陽を克服する代わりに鬼としての能力を失う恐れがあるため、
要するにただの人間に戻るだけになってしまいます。

ただ一方で青い彼岸花を手に入れた後は他の人間や鬼を実験台にしてその効果を試したうえで、
無惨にとって都合の良い効果だけが現れるようになるまで青い彼岸花を用いた薬を改良し続けることで、
無惨の望む太陽の克服が可能にはなります。
そういう意味では、鬼にとって非常に難しい青い彼岸花の確保さえ叶えば、
青い彼岸花が「日光の克服」という効果さえ含んでいれば、無惨は不滅の鬼となれたかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました