スポンサードリンク

【デュエルリンクス】クローラーデッキレシピ【キング帯で勝率68%】

スポンサードリンク

攻撃面や制圧力、展開力といった、クローラーデッキが苦手とする部分をネオス達に担って貰うおかげで、

本来のクローラーの強みである「盤面で仕事が出来る下級モンスター」という側面が際立ってきたのです。

スポンサードリンク

そもそもクローラー自体のスペックは決して低くありません。

汎用性の高いリバース効果はもちろん、守備力も下級モンスターの攻撃を止めるには十分なモンスターが揃っています。

効果除去を食らえばクローラーが増殖するため相手もうかつに手出しができません。

クローラーの増殖効果は「コンボ等により狙って発動する」ためのものではなく、

「もし何か余計なことをすれば増えるけど良いの?」と相手に対する牽制、いわば脅しの役割を担うのです。

そうして盤面に残りやすいが故にデスガーディウスの素材としても非常に優秀。

更にここが肝心なのですが、クローラーモンスターは「カテゴリ間のシナジーが薄い」という特徴があります。

例えば六武衆やメタファイズといったデッキは

六武衆だけで固めた方が効果が発動できて強い、メタファイズだけで固めた方が回転率が高まる、というようにカテゴリ間のシナジーが非常に強いです。

しかしクローラーモンスターは単独でも発動できる汎用性の高い効果を持っているため、

ネオスやデスガーディウスといった、全く接点のないカード達との共存も可能なのです。

これは最近のカテゴリには無い強みでしょう。

 

井上雄彦,漫画「SLAM DUNK」より引用

他に点を取れる奴がいるならクローラーはデッキの主役じゃなくていい、という今回のデッキ、

では各カードの採用意図へ。

Konami Digital Entertainment,アプリ「デュエルリンクス」より引用

まず切り札にはデスガーディウスを採用。

高打点、コントロール奪取効果持ち、更に特殊召喚が容易、と三拍子揃った優秀なモンスター。

効果を発動し終えたクローラーモンスターをリリースすれば無駄がありません。

Konami Digital Entertainment,アプリ「デュエルリンクス」より引用

とにかく強力な融合魔法、ネオスフュージョン。

融合ネオスを展開できることはもちろんですが、この効果によりADチェンジャーを墓地へ送ることで各クローラーの効果を最初のターンから発動できるようになります

爆風トカゲのように相手モンスター除去をしてもよし、

あるいは魔法罠除去をしても良し。

更にそうして相手の場を空けたところで、仮面魔獣の下準備により下級仮面モンスターを展開すれば後はワンキルするだけです。

これも優秀なリバース効果モンスター揃いなクローラーデッキだからこそ出来ることです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました