スポンサードリンク

【ONE PIECE】トントンの実 最強説【マッハバイス】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はトントンの実についての考察となります。
マッハバイスが食べた悪魔の実ですね。

IMG_2096

 

【トントンの実について】

自身の体重を1万トンにまで増やすことができる

   自身の体重を自在に増加させることができる超体重人間
    変化できる範囲は1トンから1万トンと凄まじい重量を誇り、純粋な物理攻撃力の高さでは他の追随を許さない。
   
   自身の身体を1万トンにした状態で戦闘を行えば、まともに攻撃を受け止めることが出来る人間はまずいないだろう。
   
   作中でマッハバイスは主に頭上に飛び、超体重に変化させて潰すという攻撃を行なっていた。
  1万トンもの超体重による落下攻撃は単純ながらも凄まじい破壊力を生む。
  とはいえマッハバイス自体は数ある幹部のうちの1キャラクターということもあり、大した活躍のないままハイルディンに倒されてしまった。
   
   本来であればそうそう攻撃を受け切られることはないのだが、
   さすがに「超重量に人間がまともに潰されるシーン」をONE PIECE内で描写するわけにもいかないため、やむを得ない弱体化といえる。

IMG_2097

覚醒時は周囲のものを超重量に

   超人系能力者は覚醒のステージに至るとその能力が周囲の環境にも影響を与える。
   トントンの実の場合は周りの小石ひとつぶひとつぶを1トン以上の重さにしてしまうことになる。
   その状態で戦闘を行えば、たとえば頭上から降ってきた瓦礫や破片も全て「トン」単位の重量になるため、敵や周囲の人間に与える被害は凄まじいものだろう。
    
覚醒のステージに至ることで大化けする能力の1つといえる。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました