【HUNTER×HUNTER】ハルケンブルグについて【強化系相互協力型】

HUNTER×HUNTER
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はHUNTER×HUNTERについての記事となります。

IMG_1998

【ハルケンブルグについて】

  • 聡明な雰囲気をまとう第9王子

カキン帝国の第9王子であり、ドゥアズル王妃の第四子。14名もの私設兵を有する。
哲学青年ともいうべき聡明な雰囲気をまとう。
15歳で世界最高峰のミワル大学に入学しアーチェリー世界大会銀メダルを受賞している、
まさに文武両道を地で行く人物。
またモモゼの死に心から哀しみを覚える人格者でもある。
一癖も二癖もある王子が揃う中で、最も他者をいたわることができる人物といえる。
思慮深く高潔な性格だが、歯に衣着せぬカキン帝国の政治批判を公然と行うことから王室からは煙たがられており、暗殺の危険もあったほど。 
おまけに母親や姉2人との仲も険悪とのことで、半生は不遇だったと自ら語っている。
また王位継承戦に参加する意思はないとハッキリ父親に断言するなど国王とは敵対的に接しており、例え相手が血縁関係にある身内でも自身の意思は決して曲げない
ただしそれゆえに考えが合わない者からはたびたび反発されているのだろう。
スポンサードリンク

コメント