【ONE PIECE】ニトニトの実 最強説【ビュルスト】

悪魔の実
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はニトニトの実について考察していきたいと思います。
USJ イベント2015にて登場したビュルストが食べた悪魔の実ですね。

IMG_1689

【ニトニトの実について】

  • 全身をニトログリセリンへと変化させる

    →自身の身体を自在にニトログリセリンへと変化させ操る爆発人間
    同じく起爆効果を有するボムボムの実は超人系能力であるのに対し、ニトニトの実は自然系能力に分類される
    
   そのため覇気を纏わない攻撃は全て受け流すことができる
     更には能力者の身体自体が爆弾のようなものであるため、ニトニトの実の能力者に下手に攻撃を仕掛けるとそれが刺激となり爆発、攻撃側が逆にダメージを受けてしまうことになるため非常に厄介。
    もちろん自然系能力者の例に漏れず、自身の身体を大きく超える質量の物体を生み出すことも可能。
    ニトニトの実の場合は大量のニトログリセリンを生み出し自在に操ることができる
    ニトログリセリンを大量に生み出し大波のようにすれば、相手はもはや回避することもままならないだろう。
    その高い破壊力と範囲から作中随一の攻撃力を有する悪魔の実と言える。
  • ボムボムの実との違いについて

   →先ほど少し触れたが、類似能力にボムボムの実が挙げられる。
   ボムボムの実は食べた爆弾を無効化したり、爆風を銃で発射したり、覚醒時に周囲のものを爆弾に変えてしまうのに対し、
   ニトニトの実は自然系特有の大規模な攻撃範囲と圧倒的防御力が特徴。
  
   同じ爆発能力ではあるがそれぞれ特徴は大きく異なり、一概に優劣は決めることが出来ない関係といえる。

IMG_1688

スポンサードリンク

コメント