【ONE PIECE】ズマズマの実 最強説【スマッシュ】

悪魔の実

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はズマズマの実について考察していきたいと思います。
USJ 2014イベントで登場したスマッシュが食べた悪魔の実ですね。

ズマズマの実について

自身の身体をプラズマへと変化させることができる

自身の身体をプラズマへと変化させ自在に操ることが出来るプラズマ人間。
全く原型を留めず流動する身体を有する自然系の悪魔の実である。

そもそもプラズマとは

「そもそもプラズマとは一体?」と思った方も多いだろう。
固体・液体・気体に続く物質の第四の形態である。
そもそも温度が上昇すると物質は固体から液体に、液体から気体にと変化するが、
その気体が更に温度が上昇すると電離が生じる(原子核の周りを回っていた電子が原子から離れ正イオンと電子に分かれる)。
この電離によって生じた荷電粒子を含む気体をプラズマという。

自然界では太陽や太陽風、オーロラや積乱雲から走る稲妻、燃えたぎる炎などがプラズマに該当する。
「プラズマがよくわからない」という方は上記を思い浮かべればいくらか想像はつきやすいだろうか。
要するに炎や雷のような「液体でも気体でもないけど…何に分類されるんだろう」な物質がこれに該当する。

ちなみにだが実は宇宙を構成する物質の99パーセント以上をプラズマが占めている。
プラズマ人間でありながら宇宙人間でもあると言っても差し支えはないだろう。

プラズマによる戦闘面での恩恵

上述したようなプラズマを大規模に生み出し操ることができるのだから弱いわけがない。
炎や雷は生み出し放題、ズマズマの実により攻撃している様子はまさしく自然災害そのものだろう。

もちろん自然系悪魔の実であるため覇気を纏わない攻撃は一切通用しない。
流動する身体を有しているため、仮に形勢が悪くなっても小さな隙間に入り込んだり浮遊して逃げることができたりと、
使い勝手は非常に良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました