【ONE PIECE】マグマグの実 最強説【赤犬/サカズキ】

悪魔の実

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はマグマグの実について考察していきたいと思います。
元帥赤犬が食べた悪魔の実ですね。

マグマグの実について

全身をマグマに変化させる

   自身の身体をマグマへと変化させ、あらゆるものを焼き尽くすことができるマグマ人間。
   その熱量は一つの街ほどの規模の氷塊も数秒で蒸発させてしまうほど。
   作中ではマグマを利用し地中を溶かして離れた場所へと移動するといった応用もみせた。
   更には「炎」をも焼き尽くすことが出来、メラメラの実を食べたエースに一方的にダメージを与えていた。炎や熱を操る能力者は数多くいるが、それらに対して圧倒的優位に位置する能力といえる。
    戦闘ではその圧倒的熱量が真価を発揮。
    マグマに変化させた腕で攻撃することで、四皇白ひげの頭部を削り取るなど、殺傷能力は非常に高い。
     他の人間を溶かし尽くすといったようなONE PIECEを読んでいる少年少女がドン引きしてしまうようなエグい描写はされなかったが、その破壊力は存分に発揮された。
   また身体がマグマそのものであるため、マグマグの実の能力者相手に不用意に近づくだけでも発する熱によりダメージを受け、
   接触を伴う攻撃を仕掛けようものなら身体を焼き尽くされ返り討ちにあってしまう。
   その高すぎる攻撃力が自身の身を守る鎧としても機能する、戦闘面では間違いなくトップクラスに位置する悪魔の実の一つといえる。

無限にマグマを生み出す

   能力者の身体からは無制限にマグマを生み出すことが可能。
   生み出したマグマを上空へと打ち上げ火山弾のように辺りへ降り注ぐよう攻撃したり、マグマと化した腕を放ち対象となった相手を焼き尽くすなど、その姿はまさしく天災そのもの
   
   マグマと化した自身の体積をある程度広げ辺りを火の海にしてしまうこともでき、自然系の中でも周囲の環境に与える影響は非常に大きい。

   莫大なマグマを操ることができるマグマグの実は単純な戦闘ではもはや敵なしだろう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました