【ONE PIECE】大酒のバスコショットについて

悪魔の実

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は大酒のバスコショットについて考察していきたいと思います。

大酒のバスコショットとは

黒ひげ海賊団の一員

   元々は大監獄インペルダウンのレベル6に収監されており、ティーチが提案した「囚人同士による殺し合い」で生き残った末、黒ひげ海賊団の一員として脱獄を果たした。
  「大酒のバスコショット」という異名が付いており、本人もその異名に違わず常に酒の入ったひょうたんを携帯し、酒を欲している。
   戦闘描写が極めて少なく、白ひげに一斉攻撃する際は銃を用いていた。
   笑い方は「トプトプトプ」。
   …というのが現在のところで描写されているバスコショットについての全てである。
   他には一切の情報がない。能力やこれまで行ってきた悪行の詳細も不明であり、考察するにあたって情報が不足している状態だ。
   しかし「酒好き」という情報があるため、これを中心に考察することは可能だろう。
酒を操り、酒をエネルギーに変換する能力
   まず第一に考えられるのが、「大酒の」という異名通り、酒に関する能力を有している可能性。
 
 
   アルコール成分の入った液体を自在に操ることが出来るのか、あるいはお酒を飲むことによって劇的な身体強化を図るか。酒をエネルギーとして何らかの衝撃波を放つ、なんてことも考えられる。
   ここで注意が必要なのが、「酒が切れそうだ、早く次の町へ行かんのか」というバスコショットのセリフから、
自分自身で酒を分泌することは出来ないという点だ。
   もし酒を自在に操る能力であれば、自分自身でも酒を生み出すことが出来るのがこれまでの超人系能力者のセオリーである。
   (※ドルドルの実やモチモチの実など)
したがって酒を操る能力、というよりは
酒を飲むことにより筋力を強化するか、あるいは酒を衝撃波か何かに変換し放つことができるようになる、というのが考えられる悪魔の実の能力だろう。
   しかし悪魔の実の名称までは流石に当てようがない。サケサケの実かアルアルの実あたりだろうが、本人の笑い声からするとトプトプの実という可能性も高い。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました