【ONE PIECE】マネマネの実 最強説【Mr.2 ボン・クレー/ベンサム/黒炭ひぐらし】

悪魔の実

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はマネマネの実について考察していきたいと思います。
バロックワークス編にて登場したMr.2 ベンサムが食べた悪魔の実ですね。

マネマネの実について

触れた人間の顔や身体を自分の身体にコピーすることができる

   右手で他人の顔に触れる事で他人の顔や身体的特徴をコピーすることができるマネ人間
   顔や身体に始まり、声や性別など、その人物の全てを完璧にコピーすることができてしまう。もはや真似とかいうレベルではない。
   ちなみに左手で自身の頰に触れることで変身は解除される。
   作中ではこの点をサンジに利用され、能力を攻略された。
   また、一度触れたことのある人間の顔は永久的に記憶することができ、いつでも好きな時に変身することが可能。
   つまり色々な人間に触れれば触れるほど、コピーできるストックが増え続けていくことになる。

潜入や奇襲に長ける

   数ある悪魔の実の中でも、潜入や奇襲といった面に関してはトップクラスの性能だろう。
   人格や記憶を除いた全てをコピーできる故に組織に潜り込むことは容易であり、
口数を減らしたり会話の辻褄さえ合わせておけばもはやバレようがない。
   もちろんそのまま油断している敵に奇襲をしかけたり、毒を盛ったり組織内の情報収集をしたりといった事も可能。
   仮にバレそうになっても一旦席を外して他の人間に変身することでそれ以上追及されることもない。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました