【ONE PIECE】オシオシの実 最強説【革命軍モーリー】

悪魔の実

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は革命軍のモーリーの能力について考察をしていきます。
現時点では悪魔の実の名称や能力の詳細が判明しておらず、少ない描写から考察していきたいと思います。

モーリーの能力について

地面を粘土のようにしてしまう

   硬く分厚い土を粘土のように柔らかくしてしまう粘土人間。
   自然系や動物系の特徴には当てはまらないため超人系の能力だろう。
   同じく土中を自在に移動できる能力にモグモグの実やヌケヌケの実、スイスイの実などがあるが、
モーリーの能力は地面そのものに干渉しているため自分の移動のみでなく相手の足場を崩すことにも役立てる事ができる。
   また、本編では描写がないが柔らかくした地面を再び固める事が出来るとなると相手を土中に閉じ込めて拘束・窒息させてしまうなどといった戦闘での使い道も生まれてくる。
          
       

地面で波を作ることも

   柔らかくなった地面を波立たせ敵を襲撃することも可能。
   多人数をひとまとめに倒すことができ、その威力と範囲は申し分ない。
            

インペルダウンLevel5.5を作った?

   インペルダウン編にて「大昔に穴掘りの能力によってレベル5.5は築き上げられた」という話がイワンコフによって出されていたが、
土を粘土のようにする能力による穴掘りができるはモーリーがレベル5.5を作ったとみて間違いないだろう。
「大昔に」と説明されているが、巨人族は寿命が人とは比較にならないほど長いためその点に関しても辻褄は合う。
イワンコフとは同じくインペルダウンに収監されている点や男女に囚われない性別である点、同じく革命軍に属しているなど共通している点は多い。
ただしイワンコフがこのことについて説明する際には「〜だと聞いてるわ」と話しており、同じ革命軍でも直接の面識はなかったのかもしれない。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました