【ONE PIECE】モチモチの実 最強説【カタクリ】

悪魔の実

はい、みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。今回はモチモチの実について考察していきたいと思います。

ビッグマム海賊団の最高幹部シャーロット・カタクリが食べた悪魔の実ですね。

モチモチの実について

自身の身体を餅に変換する

   身体のいかなる部位も餅に変換することができる餅人間
   超人系の能力者でありながら自然系のように身体は原型を留めておらず、ジンベエからも「特殊な超人系」と称されている。
   身体が切断されても問題なく再生し、蘇る様子からも自然系と共通している。       
   ちなみに元々ジャンプに掲載されている時点では「自然系の能力者」と紹介されており、単行本に収録されるにあたって「特殊な超人系」と修正された。
   人工物である餅が自然系と紹介されたことに読者から疑問に思う声が多くあったため修正されたのだろうか。
自然系の定義である「身体が原型を留めない」「自身の身体を超える質量の物質を生み出せる」という条件を満たしているため、モチモチの実が自然系でも何ら問題は無い。
まあ確かに餅は自然物ではないが。
    

餅のように膨らませたり、自在に変形させる

   身体が餅であるため手足を伸ばしたり、膨らませたりと自在に変形させることができる。
   これにより腕を無数に生やしたり、膨らませた餅で攻撃を防いだりと戦闘にも応用可能。

自身の身体を超える質量の餅を生み出す

   これも自然系の能力と共通している点であるが、自身の身体を遥かに超える餅を生み出すことができる。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました