【ONE PIECE】ナギナギの実 最強説【ロシナンテ:コラソン】

悪魔の実

はい、みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はナギナギの実について考察していきたいと思います。
ドレスローザ編にて、ローの回想にて登場したロシナンテが食べた悪魔の実ですね。

ナギナギの実について

あらゆる音を消す

   周囲で発生するあらゆる音を遮断することができる無音人間
   自身から発せられるあらゆる音を消す、あるいは周りの音を自身に聞こえなくする等状況に応じての使い分けは様々。

隠密活動に優れる

   ナギナギの実の能力を生かすことで、大胆な潜入も可能。

   一切の音を発しないため、敵に見つかりさえしなければ優れた見聞色の覇気でも有していない限り能力者の潜入に気づくことは困難だろう。
   また、自分が発するあらゆる音を無音にできるため、例え派手に敵アジトを爆破しようがその音が敵の人間に届くことはなく、
全く気付かれずにアジトを壊滅状態に追い込むことができる。
      
 

戦闘面でも活躍

   作中では直接的な戦闘に役立たない、と言われてしまったナギナギの実だが使いようはある。
    敵を無音状態にできれば背後を容易に取ることができ、奇襲の成功率も大幅に上がるだろう。
   自身の仲間を無音状態にすればなおさら、もはや相手は一切気づく余地なく背後からの仲間の攻撃を無防備に受けることになる。
   また大勢の敵と相対している場面でも、広範囲を無音状態にしてしまえば敵同士の言葉による連携を大きく妨害することが出来る。
    何より五感のうちの一つである聴覚を容易に封じることが出来るのだからその影響は非常に大きい。
    無音状態のうえに更に煙幕でも張ってしまえば、視覚と聴覚を封じられた相手を一方的に葬ることは容易だろう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました