【ONE PIECE】スパスパの実 最強説【Mr.1 ダズ・ボーネス】

悪魔の実
スポンサードリンク

はい、みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。今回はスパスパの実について考察していきたいと思います。

バロックワークスの1人であるMr.1が食べた悪魔の実ですね。

IMG_1001

【スパスパの実について】
  • 身体中のあらゆる場所を刃物に変化させることができる

     →身体中が刃物に変形する全身刃物人間。
       指をナイフに変化させたり、腕や足を巨大な刃にすることができるなど、能力者のあらゆる攻撃が斬れ味鋭い斬撃となる。
       
        攻撃時のみ刃物になるわけではないため、その刃物の身体は防御面でも性能の高さを発揮。
         作中ではMr.1の相手は刀を使うゾロが務めたものの、仮にルフィやサンジがMr.1と戦う展開になっていた場合、
殴ったり蹴るたびに刃物が食い込みダメージを受ける、という非常に厄介な事態になっていただろう。
        自然系とは違い攻撃を受け流さないが故に、カウンターを与えることが出来るという超人系の性質がプラスに働く例である。
       

IMG_1002

  • 全身が鉄の硬度を有する

     →全身刃物ということは抜群の切れ味を持つと共に、鉄の硬度を有しているということでもある。
これは特に防御面では絶対的な効果を持ち、鉄を破壊できない程度の物理的攻撃力ではかすり傷すら与えることが出来ない。

スポンサードリンク

コメント