【ONE PIECE】チョキチョキの実 最強説【イナズマ】

悪魔の実

        
    

生物に対して能力を発動できるのか?

   作中で能力の対象になっていたのは無機物にのみであり、
現時点では生物に対してチョキチョキの実の能力を発動出来るのか、また発動したらどうなるのかは不明。
   パムパムの実の能力と同じように、能力の対象に出来るのは無機物に制限されている可能性もある。
   せっかく巨大なハサミが生えるためそれを活かさない手はないが、人体を切り取れない場合はハサミを振り回して鈍器として扱うしかない。そうなるとチョキチョキの実である意味は非常に薄くなるが。
   もし人間相手にも使用できた場合は、ハサミを身体に入れた際にオペオペの実のように痛みや流血を伴わず切り取り、身体の自由を奪うような能力になるのかもしれない。
    反対に、簡単にハサミが入るのに痛みや流血は生じるとなると中々ONE PIECEでは描けないようなえぐい描写になってしまうため、こちらは漫画の性質的には考えられないか。
   また、仮に人体にハサミが通るとなると相性の関係でバラバラの実は天敵となり得るかも知れない。
   
いかがだったでしょうか。
直接的な攻撃力は不明ですが、フィールドをチョキチョキも切り取り自分に有利な状況に変形させることは戦闘のうえでは非常に有利です。
イナズマの再登場を期待しましょう。
では今回の記事はこの辺りで締めたいとと思います。
また次回お会いしましょうさようなら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました