【ONE PIECE】ドクドクの実 最強説【マゼラン】

悪魔の実

はい、みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。ですですです。

今回はドクドクの実について考察していきたいと思います。
大監獄インペルダウンの元署長であり現在は副署長であるマゼランが食べた悪魔の実ですね。

ドクドクの実について

様々な種類の毒を分泌することができる

   気体、液体、固体と様々な形状の毒を自在に分泌する毒人間
   涙や吐息までもが毒性を帯びているため、同じ空間に一緒にいるだけでもダメージを受けるため接近すら難しい。
またこの能力者に殴るなどの直接攻撃をすれば、殴った拳が毒に侵されダメージを受けてしまう。
   事実上相手の接触技に対する耐性も備えているといってもいいだろう。
   分泌できる毒の種類は催涙ガスから、死に至らしめるものまで多種多様。
    
   また、能力者自身毒への耐性があるようで、危険な毒物を摂取してもお腹を下すのみに留まっている。
   ちなみにマゼランは毒物を好んで摂取する趣味があり、頻繁にお腹を下してしまう故に1日の大半をトイレで過ごしていた。いくら毒性を緩和できるとはいえ凄い趣味である。

麻痺性の神経毒、毒竜(ヒドラ)

   マゼランは毒で形成された竜を生み出し基本技としていた。
この毒竜に触れた者は全身に激痛が走り、身体が痺れて動けなくなりやがて死に至る。
   解毒出来なければ確実に命を落とすという、ドクドクの実の基本技でありながら一撃必殺の殺傷力を誇る。 
   作中ではマゼランはこの技を駆使し、ルフィや黒ひげなど、当時七武海クラスの実力をもつ海賊たちをも圧倒してみせた。   
        超人系の中でも屈指の殺傷能力だろう。
   また、この毒竜の中に入りその内部を高速移動することも可能。単なる殺傷に留まらず、移動への応用もできるため戦闘を優位に進められる。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました