【ONE PIECE】ギロギロの実 最強説【ヴァイオレット】

悪魔の実

はい、みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はギロギロの実について考察していきたいと思います。
ヴァイオレットが食べた悪魔の実ですね。

ギロギロの実について

目に関するさまざまな能力を操る

   目に関する能力を自在に操る眼力人間

   その能力は大きく分けて3種類存在する。
透視能力を有する
   親指と人差し指でメガネのような形を作り、そこから対象を覗き込むことであらゆる情報を盗み見る能力。
   透視できるのは皮膚のみでなく骨格や内臓すらも透視することが可能。
   また相手の目を覗き込むことでその人物の思考すら読み取ってしまう。
   この辺りは対象者の記憶を確認することができるメモメモの実と同じく、凄まじい情報収集の量と精度を誇る。
   また反対に自分の眼を覗き込ませることによって、能力者自身の思考を正確に伝えることができる。

千里眼能力

   自分の視界を鳥のように飛ばすことが出来る。その範囲はなんと4000km。
   作中ではこの能力を発動しドレスローザ国内の全てという広大な範囲を見ることが出来ていた。
   ついでにこの能力の前では壁は意味をなさず、屋内だろうと地下だろうと関係無く視界を飛ばすことが出来る。
   その気になれば敵のアジト内にある大事な資料を1ページ1ページ細かく透視することすら可能だろう。
       
   また、全てを見透かしてしまうため敵が障害物に潜んでいたり武器を隠し持っていても容易に看破してしまうため、奇襲の類が成り立たない。   
   反対にこの能力者は敵が眠っている時や油断している時などを把握できるため、確実に奇襲を成功させることが出来る。
   先述の透視と併せて広大な範囲の情報を正確に収集する能力に長けており、その応用方法もまた幅広い。
   何でも覗き見ることが出来る性質から絶対にサンジに与えてはいけない悪魔の実だろう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました