【ONE PIECE】コブコブの実 最強説【ベロ・ベティ】

悪魔の実

はい、みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。今回はコブコブの実について考察していきたいと思います。

革命軍東軍の軍隊長ベロ・ベティが食べた実ですね。活躍した場面は今のところ少ないですが、能力の概要が判明しているのでみていきましょう。
そもそも現時点では能力に関する情報が少ないのでベロ・ベティに関する情報でも載せようかと思いましたが、ベロ・ベティに関する情報自体も少ないため好きなお寿司のネタでも載せようと思います。
私はマグロとサーモンと海老が好きです。回らないお寿司屋さんでご馳走してくださる方、ご連絡お待ちしております。

コブコブの実について

自分以外の筋肉を増幅させ強化する

超人系の能力であり、鼓舞することで他者の筋肉を強化する特性を持つ鼓舞人間。
「コブコブ」とは鼓舞と筋肉のコブをかけたものだろう。ベロ・ベティの扇動術と併せて、効果的に民衆を強化してみせた。
今回強化してみせたのはモブキャラだったが、例えば同じ革命軍であるサボやコアラを強化する事が出来ればどれ程の強化幅になるのかが気になるところ。急激にムキムキになるサボやコアラは非常にシュールな絵面になるだろう。

他者の筋肉を弱体化させる可能性

他者の筋肉を強化する能力であるが、反対に筋肉を弱体化させたりすることは出来るのだろうか?
「鼓舞」では無くなるが、「(筋肉の)コブ」という意味であれば操作できてもおかしくない。
仮に筋肉を弱体化することが出来れば、味方の強化とあわせて大きく戦況を有利にすることができるだろう。

自分自身の強化は?

現在のところサポート専用の能力だが、自分自身を「鼓舞」し強化する、といった使い方も出てくるかも知れない。
ただしベロ・ベティ自身の戦闘力は未知数であるものの、コブコブの実自体には攻撃力は無いと思われるため、やはり個人での戦闘には不向きな能力だろう。
弱き民衆を助ける革命軍の幹部の能力に適した能力と言える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました