スポンサードリンク

【遊戯王ARCV】なぜ炎上しコケたのか考察【アクションカード編】

スポンサードリンク
はい、みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
というわけで前回に引き続きARCV考察第2回です。
今回のテーマは

 

・アクションカードについて

 

 

 

 

 

アクションカードの簡単な説明としては

 

・デッキ外から自由に拾って発動できる速攻魔法
・どのカードが拾えるかは拾ってからのお楽しみ
・中にはアクション罠という自身にデメリット効果を与えるカードもある

 

初期のこの説明だけを見て、
「何が拾えるかはランダムで持て余すリスクがある上に、
下手に拾いに行くとアクション罠を引く恐れもあるのか…でも状況に応じたアクションカードを拾うことが出来れば大きなアドバンテージになる」
といった認識でした。
序盤の序盤の序盤までは。

 

ですが実際は

 

アクション罠なんてない
・拾いたいカードが拾える、ランダム要素なんてない

 

といったアクションカードを拾うことによるデメリットがほぼ無く、
「デッキ外から自由に拾ってこれる」というメリットはそのままなため、
ピンチになるとその状況をピンポイントで打破できるカードしかフィールドに落ちていない
という拾い得の状態になってしまうわけです。

 

 

そのメリットが顕著に見られたのは主人公の遊矢くんや忍術デュエリストの月影さんのデュエル。

 

遊矢くんに関しては「奇跡」「回避」「加速」(※欲しい時に拾うと必ず引ける三種の神器)を確実に引き続け視聴者を笑顔にしましたし、

 

月影さんは「手札を1枚捨てることにより相手にダメージを与える」カードと半永久的に拾い続ける事ができるアクションカードとのコンボで効果ダメージによる先行1killを敢行しようとしました。
月影さんに関しては先行ワンキル性能とその身体能力が合わさってアクションデュエル最強だと今でも信じて疑いません。てか忍術デュエルって何だ。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました