スポンサードリンク

【XY・ORAS】メガライボルトの調整

スポンサードリンク
はい、みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。今回はライボルトの調整です。




【ライボルトの紹介】
初登場はRS。電気タイプの放電ポケモンです。特攻と素早さが高く耐久が低いという電気タイプを象徴するようなステータスを持ちます。
特性は静電気・マイナス・避雷針の3つ。
静電気は発動確率が低いため、マイナスは色んな意味でマイナスなため特性は避雷針で良いと思います。
そもそもシングルでマイナスという特性がどんな場面なら役に立つのが想像もつきません。


そしてこの顔である

 

図鑑では頭上に稲妻を落とすというファイナルファンタジーのサンダガのような攻撃方法が紹介されているライボルト。

 

第六世代では一度横に倒れたら自力では起き上がれなさそうなフォルムへとメガシンカを果たし、特性も威嚇へと変化しました。
 


メガライボルトであってディオエムル・シュドルクではない

それではメガライボルトの調整へ
ライボルト@ライボルトナイト
【特性】避雷針 → 威嚇
【性格】臆病
【努力値】H 108 B 8 C 156 S 236
【技構成】10万ボルト/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/火炎放射
【調整】
《攻撃面》※攻撃側はメガライボルト
H 228 D 12 振りマリルリを10万ボルトで低乱数1発(85.2〜100.9%)
H 252 振りメガゲンガーを10万ボルトで乱数2発(46.7〜55.6%)
H 252 振りウォッシュロトムを10万ボルトで乱数2発(44.5〜53.5%)
H 4 振りメガガルーラを10万ボルトで確定3発(41.4〜48.6%)
H 252 振りメガギャラドスを10万ボルトで確定2発(59.4〜71.2%)
H 252 振りスイクンを10万ボルトで確定2発(64.7〜76.3%)
D 4 振りガブリアスをめざめるパワーで確定2発(83〜98.3%)
H 252 振りシールドギルガルドを火炎放射で低乱数2発(41.9〜50.2%)
H 252 振りわんぱくナットレイを火炎放射で高乱数1発(97.2〜114.9%)、H 252 D
 252 振り生意気ナットレイを火炎放射で確定2発(72.9〜86.1%)
H 252 振りメガクチートを火炎放射で確定2発(66.2〜78.9%)
《防御面》※防御側はメガライボルト
A 252 振り陽気ガブリアスの(威嚇による)A1段階下降地震で低乱数1発(84.2〜101.8%)
A 252 振り 陽気メガガルーラの(威嚇による)A1段階下降地震で確定2発(84.2〜99.3%)
A 252 振り 意地っ張りメガクチートの(威嚇による)A1段階下降じゃれつくで確定2発(72.3〜85.5%)
A 252 振り 意地っ張りマリルリの(威嚇による)A1段階下降じゃれつくで乱数2発(47.7〜56.6%)
A 252 振り 陽気メガルカリオの(威嚇による)A1段階下降インファイトで確定2発(74.2〜88%)
《素早さ》
通常ライボルト時ガブリアス抜き(実数値170)
【補足】
130族を超える高い素早さから電気技での一貫をとっていく型です。
ただし抜群を取れない相手には分が悪いことが多いためボルトチェンジで後続と交代しながらの立ち回りを。
後続には補完に優れるギャラドスを置いておくと良いと思います。
 
 
なぜギャラドスがこんなシュールなことに
それでは今回はこの辺で!離脱!
スポンサードリンク

コメント

  1. アレ より:

    技構成に10万書き忘れてますよ

  2. 雨崎 より:

    >> アレ さん
    ご指摘ありがとうございます。修正しました。