スポンサードリンク

【驚愕】使用済みコンドームをホテルのゴミ箱に捨てた結果wwwww→見知らぬ女性に子供を作られ養育費2億円も支払う羽目に

スポンサードリンク

養育費2億円

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は驚きのニュースについて。

養育費2億円!信じられない行動と驚きの判決

スポンサードリンク

ラスベガスのホテルで清掃員として働いていたジェーンという女性。

ある日、ジェーンさんはホテルの一室で当時24歳の男性が残した銀行取引の明細書を発見、

宿泊客の男性が高所得者であることに気づきました。

更にゴミ箱から使用済みコンドームを発見、

ジェーンさんは「明細書とコンドームを目にした時、大金持ちとの間に優秀な子どもができればどんなにいいか」と思い、

清掃作業中に使用済みコンドームに入った精液を自分の膣に流し込んだのです。

男の子を出産したジェーンさんは、子どもに宿泊客の男性にちなんだ名前を付け、

更にその3年後に、男性を相手に父親としての責任を追及する裁判を起こしました。

裁判では男の子の父子鑑定が行われましたが、その結果は「男の子の生物学的な父親は、確かに宿泊客の男性である」というものであり、

裁判所は男性に対し「子どもを養育しなかった期間の養育費として、子どもの母親に200万ドルを支払うように」と命じました。

一方、男性の弁護士は「子どもの母親がクライアントの体液と個人情報を不正に入手したことに対して、法的措置を講じる予定です」と対抗する姿勢を見せています。



スポンサードリンク

※この件は、海外のパロディニュースが複数のフォーラムやニュースサイトを巡る内に本物のニュースのように扱われるようになってしまった模様です。このニュースを最初に取り上げた「Ihlaya News」のFacebookのページには「私たちのウェブサイトの全ての記事は、ユーモアあふれるダークなセンスを持つ大人な人たち向けの記事を扱っています」と記載されており、記事は「完全なフィクション」だとのことでした。

ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました