スポンサードリンク

【twitter&不登校YouTuber】少年革命家ゆたぼんについて思うこと【周りの大人&親】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「少年革命家ゆたぼん」について。

少年革命家ゆたぼん

スポンサードリンク

この人は一体誰か、と簡単に説明すると

「10歳の不登校顔出しYouTuber」。

説明は以上です。(簡易すぎる)

基本こういう系統のYouTuberが話題になっても「まあ自分の人生だし好きにしたら」としか思わないのですが、

ゆたぼんの場合はさすがに年齢が若すぎるため今回の記事を作るに至りました。

動画を2本ほど視聴しただけですが、とりあえず思ったことをば。

YouTube

まず根本的な話をするとYouTuberで生計を立てていくのは非常に難しいです。

(まあここは言われなくても皆さんお分かりだとは思いますが)

常に興味関心をひく動画を投稿し続ける必要があり、飽きられてしまえばそこで終わり。

平均的な社会人の年収に達する人間は一握り中の一握りであり、

仮に「売れた」としてもそれが最低でも数年単位で続かなければやはりYouTuberに職業を絞った意味はありません。

「私もYouTuberになって楽して生きていきたいぜ」と思ったことが一瞬ありましたが

一生分の収入を稼ぐために必要な再生数を知って鼻水が出ました。

とまあつまり「好きなことだけで生きていく」というのは非常に難しい職業というわけです。

さてその上で多くの人がYouTuberを志している現代ですが、

そのことについては私は「自分がその選択に責任を持てるなら好きにするのが一番」という見解です。

当然です、自分の人生なのですから。自分が納得のいくように生きるのが一番でしょう。

その挑戦に失敗するかもしれないリスクと、成功した時のリターンを天秤にかけても挑戦する価値がある職業でもあると思います。

しかし今回の件で話題の「少年革命家ゆたぼん」に関しては話は別です。

彼はまだ小学五年生であり、明らかに「自分の行動に責任を持てる」年齢ではありません。

また十分な判断が出来るほど精神が成熟しているわけでも、また判断するに足る知識を有しているわけでもないでしょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました