スポンサードリンク

【Twitter上の意見】HIV感染で内定取り消しは違法?【エイズ?訴訟?差別?】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

HIV感染で内定取り消し

HIVへの感染を報告しなかっことを理由に就職の内定を不当に取り消されたとして、

スポンサードリンク

北海道の男性が内定先だった社会福祉法人を訴えた裁判で札幌地方裁判所は

HIVは極めて例外的な状況においてのみ感染が想定されるもので、原告の男性についても主治医の所見などから、周囲に感染する危険は無視できるほど小さい。採用面接で感染の事実を告げる義務はなく内定の取り消しは違法だ」

認め賠償を命じました。

また病院側が過去のカルテをもとに男性の感染の事実を把握した点についても、医療情報の目的外利用でプライバシーの侵害にあたると指摘しています。

「取り消しは違法である」

では今回の件を受けて、まずは「取り消しは違法である」とする方のツイートを見ていきます。

「特定の疾患などにより、就業の自由が奪われるのはおかしい」

「HIV感染に対する偏見の目がまだまだ強いように感じる」

「服薬をしていれば感染を起こすリスクも無い、したがって報告する必要もない」

というのが主な意見。

HIVに関して、正しく知識を得る事の重要性を説く方も見られました。



スポンサードリンク

「取り消しは違法ではない」派

さて一方で、以下の理由からこの取り消しは違法ではない、とする意見もみられます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました