スポンサードリンク

【Twitter】RT(リツイート)は賛同行為か否か【賛同?拡散?】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「リツイート」

スポンサードリンク

について。

RT(リツイート)は賛同行為?

Twitterで他人の投稿を引用する「リツイート」で名誉を傷つけられたとして、橋下徹・元大阪府知事がジャーナリストの岩上安身氏に慰謝料など110万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は9月12日、33万円の支払いを命じました。

岩上氏は201710月、知事時代の橋下氏が幹部職員を自殺に追い込んだなどとする第三者のツイートをリツイート。

その後橋下氏は「パワーハラスメントをする人物だという印象を与えた」として同年12月に提訴していました。

末永雅之裁判長はRT(リツイート)について

「普通の読み方をすれば、元の投稿に賛同する表現行為に当たる」

投稿内容が真実だとする証拠はなく、18万人を超えるフォロワーがいる岩上氏には影響力もあった

として橋下氏の社会的評価を低下させたと認めました。



スポンサードリンク

賛同行為か否か

さてRTの中には必ずしも賛同行為とは言い切れないものも数多くあります。

例えばとあるユーザーが発信した問題提起となるツイートに対し、賛同こそしないものの1人でも多くのユーザーに考えてもらう目的でRTを行う場合もあれば、

あるいはツイート内容自体に関心が無いもののそのユーザーが気に入っているためRTを行う方もおられるでしょう。

私の場合は発信内容に一部同意する箇所があるだけでもRTすることはあります。

RTしたからといって、RTしたツイート内容に全面同意、という訳では決してありません。

「RTにより拡散した」ことが問題となっているのであればともかく(もちろんどんなツイートであっても拡散することには相応の責任が生じます)、

「RTにより賛同した」と捉えられ、そのことが問題となっているのであればやや首を傾げてしまう所です。

今回の件では「投稿内容が真実だとする証拠はなく、18万人を超えるフォロワーがいる岩上氏には影響力もあった」とする裁判長の意見は概ね同意するものの、

やはり「RTは賛同行為」という一文は余計ですし、一括りにしてしまうのは危険な気がします。

この件に関する反応

さてTwitterではこの件に関してさまざまな反応が寄せられています。

それらを見ていきましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました