【M-1グランプリ】歴代「俺たちが一番面白い」枠のコンビとその理由【大本命】#M1グランプリ

お笑い

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回はM-1グランプリ、「俺たちが一番面白い」枠について。

俺たちが一番面白い

オープニングの煽りVTRでは参加した多くの芸人が映るのですが、
VTRの最後には「ただ証明したい、俺たちが一番面白い」というナレーションと共に、特定の芸人が映されます。
この枠は決勝戦の連続出場者が映されており、特に近年は賞レースでの戦績が秀でた芸人が選ばれていることから、
「その年の優勝候補」と呼ばれることも多くなりました。

さて、ではお待たせしました。

以下が歴代の優勝候補一覧となります。

2007年

【笑い飯(西田)】

2007年時点で、2002年〜2007年まで6年連続出場をしていました。

仮に「面白い」枠が製作陣の思う優勝候補枠だとするならば、

2007年は他の連続出場組が前年度5位のトータルテンボス、前年度9位のポイズンガールバンドのため、

その中で前年度4位の笑い飯が優勝候補という扱いとなったのかもしれません。

また、仮にこの時点で「面白い」枠の芸人を選定する基準が制作側で特にはっきり定まっていなかったとしても、

やはりM-1の顔となりつつあるその存在を打ち出すために、西田さんがこの枠に選ばれたものと思われます。

2008年

【スピードワゴン(井戸田)】

「俺たちが1番面白い」枠としては異例の、決勝進出を確定していないコンビをピックアップした回。

スピードワゴンは過去のM-1で連続出場を果たし、また敗者復活で勝ち上がる可能性があるとはいえ、

笑い飯やダイアン、キングコングといった他の連続出場組を抑えての選出となりました。

2009年

無し

2010年

【笑い飯(西田)】

M-1最後の年、ということで打ち出された大会。

M-1が終わる、ということでやはり最後はM-1の顔である笑い飯ということになりました。

西田さんは2回「おもしろい」枠に選ばれており、

製作陣から笑い飯への想いが強かったことがうかがえます。

2015年

【ジャルジャル(後藤)】

復活後のM-1はジャルジャル後藤さんが選抜。

連続出場組の中ではハライチや銀シャリといったコンビはジャルジャルよりも2010年度大会では上位に位置していたのですが、

その後のバラエティやキングオブコントでの戦いぶり(もしかすると予選の出来も含まれている?)などから選ばれた、ということでしょうか。

事実、ジャルジャルはこの大会で大きな爆発を起こすこととなります。

2016年

【ハライチ(澤部)】

連続出場組の中では、最も順位が下であったハライチが選抜。

こちらも予選の出来を加味してか、あるいはバラエティ等での奮闘ぶりを見てか、

はたまた2009年から4回連続の出場は唯一、という点を考慮されてか、

この枠に選抜されました。

2017年

【和牛(川西)】

2015年から3年連続の出場、特に昨年度は2位であったため、大本命として臨んだ2017年の和牛。

実際この年は優勝こそできなかったもののとろサーモンやミキと凄まじい激闘を演じ、

和牛の実力をさらに知らしめる結果となりました。

2018年

【スーパーマラドーナ(武智)】

2015年から4年連続の出場、最終決戦への進出経験あり、敗者復活戦を勝ち抜いた経験あり、さらには2018年がラストイヤーということで、

満を辞してスーパーマラドーナが選抜。

残念ながらこの年は順位こそふるいませんでしたが、

武智さんの熱い想いや、田中さんのシンプルなギャグは、大会を大きく盛り上げた要因となっています。

2019年

【かまいたち(山内)】

2017年から3年連続の出場、前年度までは常に最終決戦に進めるかどうかのボーダーライン上という優秀な戦績、キングオブコント優勝、そして2019年がラストイヤーということで、

大本命として臨んだ2019年。

出番順2組目としては異例の660点という高得点を叩き出し、最終決戦でも松本さんの1票をもぎ取るなど、

その存在感を示しました。

2020年

【見取り図(盛山)】

3年連続の決勝進出、特に昨年は最終決戦に進まなかったものの649点という高得点を叩き出しているなど、

2020年の優勝候補筆頭として臨んだ見取り図。

結果は第3位、あと2票あれば(もしくはマヂラブに投票された票を取れれば)、3票のマヂカルラブリーを抑えて優勝できたのに、という非常に惜しい結果となりました。

2021年は誰になる?

さて、では2021年はどのコンビが「おもしろい」枠有力候補なのか。

考えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました