スポンサードリンク

【13は不吉な数字?】13日の金曜日が不吉とされる理由とは【ジェイソン?】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は13日の金曜日について。

13日の金曜日

スポンサードリンク

みなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

「13日の金曜日」と言えば起源は詳しくは知らないけれどとりあえず不吉なもの、と捉えている方も多いのでは。

さて、では「13日の金曜日」がなぜ不吉とされているのでしょうか。

これにはいくつかの説が存在します。

「13」は不吉な数字

古来より「13」という数字は不吉とされてきました。

例えばキリストの最後の晩餐に13人の人が居たことから「13」という数字は不吉とされました。

また北欧神話では12人の神が祝宴を催していた時に、

13人目の招かれざる客であるロキが乱入し人気者であったバルドルを殺したという伝説があり、そのことから「13」という数字が不吉であるとする説もあります。

ではなぜ「13日」だけでなく「金曜日」までも不吉とされるようになったのでしょうか。

13日の金曜日

「イエス・キリストが磔の刑に処されたのが金曜日である」という理由から、

13日の金曜日が忌むべき日とされる、という説があります。

また魔女としてキリスト教に追いやられていたフリッグが魔女や悪魔を招き毎週金曜日に悪事を企んでいた、

ということから「金曜日」も忌み日とする説もあります。



スポンサードリンク

ただし聖書には処刑の日を特定できる記述はなく、13日の金曜日が明らかに忌み日とされている由来は明らかではありません。

1年に1度は「13日の金曜日」

ちなみに現時点で多くの国家に用いられているグレゴリオ暦では、1年間に必ず1回、最大で3回「13日の金曜日」が訪れます。

非常に不吉とされるこの日ではありますが、1年間避けて通ることはできない、というのが現状です。

13日の金曜日に関する反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました