スポンサードリンク

【高規格堤防】スーパー堤防やその効果とは【決壊リスク】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はスーパー堤防こと高規格堤防について。

高規格堤防とは

スポンサードリンク

高規格堤防は、堤防の街側がなだらかな斜面となっている幅の広い堤防のことです。

高さに対して約30倍の幅があるため、仮に水が堤防を越えても斜面を緩やかに流れ、被害を最小限に抑える効果があります。

堤防の高さが10メートルの場合、街側におよそ300メートルにわたって盛り土をしますが、

通常の堤防とは違い高規格堤防上の区域は通常の土地と同じように利用することができます。

現況の堤防と高規格(スーパー)堤防の比較

河川側の斜面がなだらかになり、また街側に土が盛られていることがわかります。

災害時の決壊リスクや浸水等の被害を最小限に抑え込み、

さらには堤防周辺の空間利用など、従来の堤防と比べより多機能化されていることがわかります。



スポンサードリンク

その一方で、上述にて説明した通り決壊はしないものの水位の上昇による越水は発生することになります。

また街側は盛土するために現存する建物を取り壊す必要がある点や、

堤防の完成にかかるお金や時間などを課題とする声も出ています。

スーパー堤防に関するネット上の意見

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました