スポンサードリンク

【養生テープ?窓ガラス?】台風対策についてまとめ【食べ物?マンション?】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は台風対策について。

台風対策

スポンサードリンク

さて毎年私達を悩ませる台風。

この被害を出来る限り少なくするためにも、最新台風情報などの気象情報を確認して早めの台風対策及び洪水対策を行いましょう。

また台風が接近している中で屋外に出ることは非常に危険です。

台風が来る前に台風対策を行っておきましょう。

家の「外」の対策

※雨や風が強くなってからの作業は大変危険です。早め早めの対策を心がけましょう。

戸締りはしっかり

台風の場合は風や雨が非常に強くなることが予想されます。そのため窓や雨戸はしっかりと閉めましょう。

また状態によっては外側から板を打ち付けるなどして補強する必要もあります。

また水はけを良くするために、排水溝や側溝の掃除もしておきます。



スポンサードリンク

風で飛ばされないように

日常生活で強風対策をする機会がほとんどないため、この点は特に念入りに。

鉢植えなど強風で飛ばされそうなものは飛ばされないように固定したり、あるいは家の中へ入れてしまいましょう。

また庭木や塀などの強風で倒れそうなものは、補強をしておくと良いでしょう。

家の「中」の対策

戸締りを強化

家の外の対策同様に、窓や雨戸はしっかりと閉めておきましょう。

また外から物が飛んできた場合を想定し、カーテンやブラインドを閉めておくことも有効です。

仮に窓ガラスが割れたときの飛散を防ぐために飛散防止フィルムを貼っておくとより安全でしょう。

避難に備える

台風の強さによっては、家の中に居続けずに避難情報に従い避難した方が良いケースもあります。

こちらも早め早めに、気づいた段階で避難物資などの準備を進めましょう。

具体的には停電時に備えて携帯ラジオ、懐中電灯、ローソクなどを用意したり、

また避難が必要になったときに備えて、防災グッズや水、食料などを用意したりなど。

避難のために、避難場所と避難経路をあらかじめ確認しておくことも重要です。

また市区町村が作成しているハザードマップで自分の家や付近のどの場所が、どの程度危険であるかを確認しておくのも良いでしょう。

過去の災害でも、ハザードマップは高い精度で危険箇所を的中させています。



スポンサードリンク

情報の管理

そしてやはり重要なのが気象庁からの台風情報。

警報や注意報が出ていないかを確認し、

発表されている場合や悪天候故に危険が想定される場合には、交通機関がストップしてしまうなどの恐れがあるため、外出を控えるようにしましょう。

また外出先に居る場合は、天気が荒れる前に早めに帰宅することを心がけましょう。



スポンサードリンク

ネット上で上がった台風対策

他にもネット上では、より細かな台風対策が上がっています。

これらを参考にされても良いかもしれません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました